DON'T PASS MUSIC BY

"Happy trails to you, till we meet again......"<Quicksilver Messenger Service>

ロック

どんぱす今日の御膳001

本ブログ水曜・土曜は文章が長くなるきらいがありますので、もうちょっとコンパクトな企画も入れてみましょう。「1アーティストから一曲紹介」するシリーズのはじまりはじまり。(うまく続くかわかりませんが、月曜・木曜更新を目指してみます。) 001 John …

時代の産物を追う?〔続〕(7)

(5)Ten Years After『A STING IN THE TALE』(UK) Land Of The Vandals Iron Horse Miss Constable Up In Smoke Retired Hurt Suranne Suranne Stoned Alone Two Lost Souls Diamond Girl Last Night Of The Bottle Guitar Hero Sliverspoon Lady <メン…

第52回「Tycoon」(4)

スタジオでもMark Riveraさんの貢献は大でしたが、彼の本領はライヴでのプレイだと思います。所謂スタジオ・ミュージシャンの枠にとどまらず、各地のステージを盛り上げることが出来る、ビリーにとっては心強い仲間であった(である)に違いありません。 た…

時代の産物を追う?〔続〕(6)

(5)Ten Years After『A STING IN THE TALE』(UK) Land Of The Vandals Iron Horse Miss Constable Up In Smoke Retired Hurt Suranne Suranne Stoned Alone Two Lost Souls Diamond Girl Last Night Of The Bottle Guitar Hero Sliverspoon Lady <メン…

第52回「Tycoon」(3)

Tycoonはサードアルバムも作ったそうですが(『OPPORTUNITY KNOCKS』1983)、私は未聴です。 私が興味あったミュージシャン、Mark Riveraはというと、その頃はなんとBilly Joelバンドに入っていたのであった。(Richie Cannataさんの後任としてサックスを担…

時代の産物を追う?〔続〕(5)

(4)Ronnie Montrose『10 × 10』(USA)*[フィーチュアされた(ゲスト)アーティスト] Heavy Traffic *[Dave Meniketti, Eric Martin] Love Is An Art *[Edgar Winter, Rick Derringer] Color Blind *[Sammy Hagar, Steve Lukather] Still Singin' With The…

第52回「Tycoon」(2)

さて、Tycoonのセカンドアルバムはこれ。 Tycoon『TURN OUT THE LIGHTS』(1981) This Island Earth One More Try Turn Out The Lights Walkin’ The Line Let It Down Hang On In Can’t Take That Away Love You Till It Hurts C’mon Over Call The Police …

時代の産物を追う?〔続〕(4)

(3)Quatro, Scott & Powell『QUATRO, SCOTT & POWELL』(USA/UK) Slow Down Long Way From Home Tobacco Road If Only Bright Lights Big City Pain (Band Version) Just Like A Woman Mend A Broken Heart The Price Of Love Broken Pieces Suite I Walk…

第52回「Tycoon」(1)

“ロック界に君臨する将軍たらんと、自らをタイクーン(大君)と名乗る大型新人登場!必殺の一振りが今振り降ろされた!” オビにこういうのが付いたデビューアルバムがあったら、どう思います?「さぞ活きのいいメタルかなんかであろう」と思うんじゃないかな…

第51回「Spizzenergi」(4)

Spizzのコンピ、続き。 Spizzenergi『SPIZZ NOT DEAD SHOCK !(1978-1988 A Decade of Spizz History)』(1996) No Room Red & Black Where’s Captain Kirk ? Spock’s Missing Soldier Soldier Mega City 3 Jungle Fever Central Park Work Amnesia The Me…

時代の産物を追う?〔続〕(2)

<2017年作品> (1)Dave Davies & Russ Davies『OPEN ROAD』(UK) Path Is Long Open Road Don't Wanna Grow Up King of Diamonds Forgiveness Sleep on It Slow Down Love Has Rules of Its Own Chemtrails <メンバー> Dave Davies Russ Davies The Ki…

第51回「Spizzenergi」(3)

CDも見つかった。紹介しときます。 Spizzenergi『SPIZZ NOT DEAD SHOCK !(1978-1988 A Decade of Spizz History)』(1996) No Room Red & Black Where’s Captain Kirk ? Spock’s Missing Soldier Soldier Mega City 3 Jungle Fever Central Park Work Amn…

第51回「Spizzenergi」(2)

SpizzenergiのライヴDVD。続き。 Spizzenergi『WHERE’S CAPTAIN KIRK ?:Spizzenergi Live』(2005) 6000 Crazy Mega City 3 No Room Soldier Soldier We Want the World Central Park Red & Black Energy Crisis Spock’s Missing Where’s Captain Kirk ? T…

特集:このドラミングがすごい③Jerry Shirley(5)

シド・バレットのアルバムは「ロック」とはちょいと違いましたが、ロック本道での仕事もあった。The WhoのベーシストJohn Entwistleのファーストソロ・アルバムへの参加です。 (4)John Entwistle『SMASH YOUR HEAD AGAINST THE WALL』(1971) My Size Pic…

第51回「Spizzenergi」(1)

あけましておめでとうございます。 さっそくですが、ちょっとマイナーなアーティストの結構マニアックな品をご案内と行きましょうかね。 当ブログ第1回(第1回「The Jam」)で名前は出してたんですが、『PUNK AND ITS AFTERSHOCKS』っていうオムニバス映像集…

特集:このドラミングがすごい③Jerry Shirley(4)

さて、Jerry Shirleyさんの仕事を見ていく、っていう趣旨からすれば、こういうのも聴いとかないといけませんでしたね。 (3)Syd Barrett『BARRETT』(1970) Baby Lemonade Love Song Dominoes It is Obvious Rats Maisie Gogolo Aunt Waving My Arms in th…

第50回「Red Dawn」(4)

Billy JoelバンドにおけるDave Rosenthalさんの仕事を観てみようっていう企ての、続き。7曲目以降にいきます。(1-6曲目は前回をご参照。) <関連作品> Billy Joel『JOURNEY TO THE RIVER OF DREAMS』(1994) No Man’s Land Pressure Ballad of Billy the…

特集:このドラミングがすごい③Jerry Shirley(3)

(2)Humble Pie『THE BEST OF HUMBLE PIE: 20th Century Masters』(2000) Natural Born Woman Big Black Dog Stone Cold Fever Shine On Rolling Stone Four Day Creep C’mon Everybody Hot ‘N’ Nasty 30 Days in the Hole Black Coffee Ninety-Nine Poun…

特集:このドラミングがすごい③Jerry Shirley(2)

では、ハンブル・パイ関連からまず参りましょう。 <名演紹介> (1)Humble Pie『PERFORMANCE:ROCKIN’ THE FILLMORE』(1971) Four Day Creep I’m Ready Stone Cold Fever I Walk on Gilded Splinters Rollin’ Stone Hallelujah (I Love Her So) I Don’t …

特集:このドラミングがすごい③Jerry Shirley(1)

<達人の物語> ドラマーの話はしょっちゅうしていますが、特集は久しぶりですね。 所謂テクニカル・ドラマーも私は好きなんですが、最近とみに「良いなあ」と思うのが“8ビート”に味のある人たち。当ブログでもなんだかんだでPhil Rudd(AC/DC)・Simon Kirk…

第49回「Quatermass Ⅱ」(4)

本家Quatermassの唯一作、続きです。 Quatermass『QUATERMASS』(1970) Entropy Black Sheep of the Family Post War Saturday Echo Good Lord Knows Up on the Ground Gemini Make up Your Mind Laughin Tackle Entropy(Reprise) One Blind Mice [bonus]…

第49回「Quatermass Ⅱ」(3)

<関連作品> やっぱり、本家の話もしとかないとまずいやね。Quatermass(Ⅱじゃないオリジナルのほう)は、1970年に唯一のアルバムを残している英国ハードロックの名グループ。メンバーはPete Robinson(Key)+John Gustafson(Ba, Vo)+Mick Underwood(D…

第49回「Quatermass Ⅱ」(2)

続き。 QuatermassⅡ『LONG ROAD』(1997) Prayer for the Dying Good Day to Die Wild Wedding Suicide Blonde River Long Road Woman in Love Hit and Run Daylight Robbery Coming Home Circus Undercarriage [Demo Version] <メンバー> Gary Davis(Gt…

第49回「Quatermass Ⅱ」(1)

本家Quatermassについてはいろいろすでに語られていますし(ちょっと調べてみて、ネット上の情報の多さに驚いた)、実は当ブログでもすでに「Black Sheep of the Family」の名演について言及済みです(第29回「ロックンロール動物園・十二支編」(3))。そ…

第48回「Pat Boone」(5)

『IN A METAL MOOD』から派生して(?)の、名鼓手Gregg Bissonetteのソロ作品紹介続編です。 Gregg Bissonette『GREGG BISSONETTE』(1998)*[ ]内はゲストギタリスト Common Road [Steve Vai] Teenage Immigrant [Scott Henderson] Dr. Toulak [Ty Tabor]…

第48回「Pat Boone」(4)

Pat Boone御大の『IN A METAL MOOD』からわかること、続き。 ドラム好きとしては「(3)グレッグ・ビソネットは名人」も重要ポイントです。「このドラミングが凄い」とかのブログ特集でやるべき人かもしれませんが、今回はついでにこの人の作品に触れときま…

第47回「Osibisa」(6)

『LOOK AT YOURSELF』は次の曲から後もおもしろい。 そこはかとなくThe Whoっぽいギターコード掻き鳴らしから始まり、繊細なコーラスワークに移って(全編ほぼダブルヴォーカル)、Gt+Orgのリフが乗っかるという、これまた十八番のパターン「I Wanna Be Free…

第47回「Osibisa」(5)

やっと『LOOK AT YOURSELF』本体に入れますね。 Uriah Heep『LOOK AT YOURSELF』(1971) Look At Yourself * I Wanna Be Free July Morning ** Tears In My Eyes Shadows Of Grief What Should Be Done Love Machine <メンバー> Ken Hensley(Key, Gt Vo…

第47回「Osibisa」(4)

お得意の(?)関連作品枠で一つ。私とOsibisaとの出会いとなったUriah Heep『LOOK AT YOURSELF』であります。彼らのサード・アルバム。 最近買いました本にROLLYさん著『ROLLYのロック・ギター異人館』(シンコーミュージック、2019年)てのがありまして、…

第47回「Osibisa」(3)

Osibisaのアルバム『OSIBIROCK』について、前回までで鑑賞したところでした。 通して聴いてみるというと、「Look At Yourself」で感じられた“パーカッション乱打!”の“プリミティヴな躍動!”は、実は彼らの一側面でしかなかったことがわかるのでありました。…