DON'T PASS MUSIC BY

“Tiny purple fishes run laughing through your fingers.....”<Cream>

今日の御膳(一曲紹介)

どんぱす今日の御膳096

096 Woody Herman and His Orchestra「At the Woodchopper’s Ball」(Various Artists『BOOGIE WOOGIE』Disc5、2003) Ten Years After大好き人間としては、彼らの初期のレパートリー「Woodchopper’s Ball」(ライヴ盤『UNDEAD』を聴いて下さい!)の元ネタ…

どんぱす今日の御膳095

095 Jonny Lang「Lie To Me」(『LIE TO ME』1997) ジョニー・ラングさん。「若き天才ブルース・ギタリスト」、みたいな売り出しをされていた方です。実際ソロデビューアルバム『LIE TO ME』はリリース当時16歳くらい。なんという早熟。 歌ってギターも弾く…

どんぱす今日の御膳094

094 The Four Jones Boys「Tutti Frutti」(『THE BIRTH OF BRITISH BLUES』2015) 「トゥッティ・フルッティ」って、“刻んで砂糖漬けにした果物が入ったアイスクリーム”のことなんだそうですね(元はイタリア語とか)。食べてみたい…… ではなくて、こちらは…

どんぱす今日の御膳093

093 John Lennon「Cold Turkey」(『LENNON LEGEND』1997) 今回はちょっと長めになります…… 私がビートルズのことを知ったのは中学生のときで、先生が授業の時に紹介された「Yesterday」がファースト・コンタクトだったと思います。「ものすごい衝撃を受け…

どんぱす今日の御膳092

092 Bruce Springstone「Take Me Out To The Ball Game」(Various Artists『BASEBALL’S GREATEST HITS』1989) さすがはベースボール・ネイション米国、baseballがワン・音楽ジャンル。こんなCDまで出ているのね!? 「Take Me Out To The Ball Game」とい…

どんぱす今日の御膳091

091 Joe South「Hush」(『THE BEST OF JOE SOUTH』1990) あけましておめでとうございます。 第1期Deep Purpleのヒット曲「Hush」を作った人による自演版。もともとは、ジョーさんが作り、Billy Joe Royalという人に提供された(1967年)もの。ハネるリズム…

どんぱす今日の御膳090

090 The Joe Perry Project「East Coast, West Coast」(『I’VE GOT THE ROCK ‘N’ROLLS AGAIN』1981) Aerosmithのジョー・ペリーのソロ・プロジェクト。(厳密にはこれをやっていた期間中はエアロスミスを脱退していましたが。)第2作『I’VE GOT~』=邦題…

どんぱす今日の御膳089

089 Joe Louis Walker「Mile-Hi Club」(『GREAT GUITARS』1997) Joe Louis Walkerさんの名は、私は冨山房刊『ブルーズの世界』(第19回「Robert Johnson」(4))で知りました。Robert Crayと並ぶ新世代ブルーズマン、というような扱いだったかな。 こちら…

どんぱす今日の御膳088

088 Joe Bonamassa「High Water Everywhere」(『YOU & ME』2006) この人のことも、もともとはよく知りませんでした。タワーレコード(渋谷だったかな?)のブルース・コーナーを見てるときに、「新譜」の棚に出てたので説明文を見たら、‟気鋭のスーパーギ…

どんぱす今日の御膳087

087 Joan Jett「Dirty Deeds」(『THE HIT LIST』1990) 元Runaways組の中では最も愚直にロックンロールしている(ように見える)Joan Jett。氏がこんなカヴァーアルバムを出してたの、最近まで知りませんでした(ただの不勉強)。割といろんな人がやる「Lov…

どんぱす今日の御膳086

086 Joan Baez「Diamonds & Rust[Live]」(『THE ESSENTIAL JOAN BAEZ FROM THE HEART』1993) 元は『FROM EVERY STAGE』(1976)という、1975年のコンサートの音源だそうです。今調べて知ったのですが、ドラムにJim Gordon、ギターにLarry Carltonなど錚々…

どんぱす今日の御膳085

085 Jim Morrison & The Doors「Ghost Song」(『GREATEST HITS』1995) ドアーズは「Light My Fire」くらいしか知らなかったので、ベストくらいは聴いておこうと思いさいしょに手を出したのがこれ。 The Kinksの「All Day and All of the Night」風のリフの…

どんぱす今日の御膳084

084 Jean-Michel Jarre「Oxygene Pt.2」(『ESSENTIAL RECOLLECTION』2015) フランスの電子音楽家ジャン・ミシェル・ジャール氏の楽曲。通常ならば私の守備範囲外なんですがこれだけは違う。1976年のアルバム『OXYGENE』は、「Oxygene」という曲がパート1か…

どんぱす今日の御膳083

083 James Murphy「Odyssey」(『FEEDING THE MACHINE』1998) ヘヴィメタル界(特にデス系)の渡り鳥、なんて言われることもあるようですが、そんだけ腕利きだということでしょうかね。私もなんだかんだで彼がプレイした作品を割と持っている。Death、Obitu…

どんぱす今日の御膳082

082 Ted Taylor「(Love Is Like A)Rambling Rose」(『THE EVER WONDERFUL TED TAYLOR』2006) 曲名をごらんなさい。MC5の(というか、Wayne Kramerの)十八番「Ramblin' Rose」でございます。MC5伝説の名盤『KICK OUT THE JAMS』の1曲目、超ハイテンショ…

どんぱす今日の御膳081

081 Huey “Piano”Smith「Little Liza Jane」(『ABC OF THE BLUES Vol.40』2010) 今調べて知りましたが、Huey “Piano “ Smith さんはご健在だったんですね。1934年生まれ、ニューオーリンズのR&Bピアニスト。Dr.Johnに影響を与えたとか、Little Richardのレ…

どんぱす今日の御膳080

080 Michael Jackson「The Pepsi Generation」(『GREAT COLA COMMERCIALS 2』1996) CD屋さんをうろつきまくっていると、こんな面白コンピに出くわすこともあるぞえ。コーラのコマーシャルっていうのは米国では激烈なものらしく――わがBilly Joelも「We Didn…

どんぱす今日の御膳079

079 The Hollies「Fortune Teller」(『THE HOLLIES』1965) 60年代から活躍した英国のロックバンドThe Hollies。『THE HOLLIES』はサードアルバム。 「Fortune Teller」はアラン・トゥーサン(Allen Toussaint)が作曲しBenny Spellmanがレコーディングした…

どんぱす今日の御膳078

078 Herman’s Hermits「Dandy」(『THE BEST OF THE EMI YEARS Vol.1』1991) ブリティッシュ・インヴェイジョンの一角を担ったという名バンド。……と偉そうに言いつつ、私はベスト盤を二枚しか持ってません。それでもここで取り上げるのは、彼らがThe Kinks…

どんぱす今日の御膳077

077 Hell Preachers Inc.「Time Race 1」(『SUPREME PSYCHEDELIC UNDERGROUND』1968) 昔から謎のセッションとして知られつつ、「Deep Purpleの覆面バンドでは?」とうわさされてきたという作品。「Time Race 1」が、もろにDeep Purple「Wring That Neck」…

どんぱす今日の御膳076

076 Hawaii「Beg for Mercy」(『THE NATIVES ARE RESTLESS』1985) いまや日本のお茶の間に定着したギタリストMarty Friedmanさんが、MegadethはおろかCacophonyよりも前にやっていたバンドHawaiiのセカンド・アルバム。武骨なパワーメタルに、マーティの東…

どんぱす今日の御膳075

075 Hard Gear「Prevision」(『INFINITIVAL ABILITY』2002) 札幌というところは、Saber Tigerをはじめ多くの国産メタルの産地でありますが、そのサーベル・タイガーともゆかりの深いバンドがこのHard Gearであります。元Saber Tiger(当時。いまはSaber Ti…

どんぱす今日の御膳074

074 Hank Williams「Honky Tonk Blues」(1952) Huey Lewis & The Newsの名作『SPORTS』(1983)の9曲目(ラスト)に入っていたのが「Honky Tonk Blues」のカヴァーだったんですが、これがノリノリのロックンロールだったんです。いつか原曲を聴いてみたい…

どんぱす今日の御膳073

073 Terry & The Lovemen「The Good Things」(『A TESTIMONIAL DINNER: The Songs of XTC』1995) XTCのトリビュート・アルバム。以前「The Ballad of Peter Pumpkinhead」をご紹介したCrash Test Dummiesが「All You Pretty Girls」をフォーキーにやってた…

どんぱす今日の御膳072

072 Grave Digger「2000 Lightyears from Home」(『THE BEST OF THE EIGHTIES』1993) 私は上記のコンピで聴きましたが、初出は『HEAVY METAL BREAKDOWN』(1984)。ジャーマンメタルはこういうB級バンドの層が厚かった。この人らは途中から少しずつあか抜…

どんぱす今日の御膳071

071 The National Raga Company of India「Transcendental Meditations on the Mystique of Spiritual Love」(『ALL THE BEST FROM INDIA』2001) ダイクマ・ワゴン・セール(で買ったやつ)第n弾!ホントに世話になったね。エルヴィス、リトル・リチャード…

どんぱす今日の御膳070

070 The Germs「No God」(『(MIA):THE COMPLETE ANTHOLOGY』1993) アメリカのパンク・バンド。ということくらいしか知りません。持ってるのは上のコンピ一枚きり。「No God」の初出は(たぶん)『LEXICON DEVIL』(1978)というEP。“♪See……there’s no G…

どんぱす今日の御膳069

069 Garth Brooks「Shameless」(『ROPIN' THE WIND』1991) 新世代カントリー・ミュージシャンGarth Brooksのサード・アルバムに、Billy Joel「Shameless」のカヴァーが入っているのです。というか、そっちが有名になっちゃったらしい。スティール・ギター…

どんぱす今日の御膳068

068 Galneryus「Destiny」(『RESURRECTION』2010) ガルネリウスに小野正利さんが加入するというニュース知ったときは驚き喜んだものでした。『STAND PROUD』というトリビュートものシリーズで小野さんの超絶歌唱(Scorpions「Blackout」・Judas Priest「Ex…

どんぱす今日の御膳067

067 The Great American Strings Band「Shenandoah」(『200 YEARS OF AMERICAN HERITAGE』1991) 以前Riot全作品紹介をやった時、『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』(1995)に「Shenandoah」というトラディショナル・ソングが入っていることに触れました…