DON'T PASS MUSIC BY

"It might turn into something better……"<The Kinks>

今日の御膳(一曲紹介)

どんぱす今日の御膳120

120 Barry Sparks「O Come All Ye Faithful」 ヘヴィメタル界隈での活躍も多く、「気が付くとこの人がプレイしてた」ケースも多い仕事人ベーシストBarry Sparks。Yngwie Malmsteen、Cosmosquad、Uli Jon Rothなどわが愛聴盤を挙げればきりがありませんが、最…

どんぱす今日の御膳119

119 Shampoo「Shampoo You」(『WE ARE SHAMPOO』1994) 私が中学の頃、彼女らの「Trouble」は無茶苦茶、無茶苦茶流行ってました。友達にも「シャンプー、いいよ?」という面々はいたのだが、流行りものは意地でも聴きたくない頑固爺(?)の吾輩、「そ、そ…

どんぱす今日の御膳118

118 The Searchers「Sweets for My Sweet」(『MEET THE SEARCHERS』1963) リヴァプール出身のビート・バンド。このファーストアルバム(だよね)だけでも、「Love Portion No.9」、「Money(That’s What I Want)」、「Twist And Shout」ほかの好演が入っ…

どんぱす今日の御膳117

117 Mike Lepond's Silent Assassins「Master Of The Hall」 プログレッシヴ・メタル界の小さな巨人Symphony Xの現ベーシストMike Lepond。そのプロジェクト/バンドSilent Assassinsのセカンドアルバム『PAWN AND PROPHECY』(2018)の冒頭がこちら「Master …

どんぱす今日の御膳116

116 The Salinger「クラクション・ハニー」(『クラクション・ハニー』2000) 学生の頃夜中にケーブルテレビを見ていたら――このパターン無茶苦茶多いね、テレビっ子かよ――、表題曲のPVが流れたんです。サリンジャーっていうグループは全然知りませんでした。…

どんぱす今日の御膳115

115 Rory Storm & The Hurricanes「Honey Don’t」(『LIVE AT THE JIVE HIVE』2012) Ringo Starrが好きかい?俺は好きだね。ジャケットに「お、リンゴが映ってる、しかも何故かギター持ってるぞ!」という反応をした挙句銭をつぎ込んで買ってしまうくらいに…

どんぱす今日の御膳114

114 Roland Grapow「Separate Ways(Worlds Apart)」(『KALEIDOSCOPE』1999) 元Helloween(当時は在籍)のギタリストRoland Grapowのセカンド・ソロ・アルバム。Michael Vescera(Vo)・Barry Sparks(Ba)・Mike Terrana(Dr)・Ferdy Doernberg(Key)…

どんぱす今日の御膳113

113 Holy Mother「Holy Diver」(『CRIMINAL AFTERLIFE』1999) 楽曲はみなさまお馴染みDioの名曲。アメリカはニューヨークのパワーメタル・バンド……ってことは彼らと関係があるのだな?と思った貴方は鋭い。 はい正解、Riotと縁のあるメンバーが在籍してい…

どんぱす今日の御膳112

112 Pharaoh「Dark New Life」(『BE GONE』2008) 些かマイナーな作品かもしれない。アメリカのパワーメタル・バンドPharaohのサード・アルバム。一時期は、というか新宿にDisk Heavenがあった時代は、Destiny’s EndだのRivalだのといったのを掴んだことも…

どんぱす今日の御膳111

111 Personz「Midnight Teenage Shuffle」(『PERSONZ』1987) リアルタイムではPersonzは知りませんでした。毎度のことながら申し訳ない。関心持った理由はまた妙なもので……ケーブルテレビの番組で本田毅さん(Gt)という方が、お気に入りの(あるいは影響…

どんぱす今日の御膳110

110 Omen「Bounty Hunter」(『THE CURSE』1986) Annihilatorが好きなんですよね、私。最初はRoadrunner時代のベスト盤『THE BEST OF ANNIHILATOR』から入って初期作品をざっと聴いたものですが、そのとき最も気に入ったのがセカンド『NEVER, NEVERLAND』(…

どんぱす今日の御膳109

109 Nina Simone「Mississippi Goddam[Live]」(『THE REAL…NINA SIMONE(THE ULTIMATE NINA SIMONE COLLECTION)』2013) こちらは、映画評論家の町山智浩さんがラジオ番組で『What Happened, Miss Simone?』という映画の紹介をされたのを聞いて知りました…

どんぱす今日の御膳108

108 Neal Schon「Deep Forest」(『BEYOND THE THUNDER』1995) Journeyのスーパーギタリスト、ニール・ショーンのソロアルバム。フュージョンタッチのインストゥルメンタルというところですかね。アコースティックも多用して、ジャーニー以上に繊細なところ…

どんぱす今日の御膳107

107 Wings「Medicine Jar」(『WINGS OVER AMERICA』1976) Paul McCartneyはいまだに現役で、凄いとしか言いようがありません。その基盤となっているのは、70年代のWingsの偉業――パートナーと若手を率いて、自作曲を自ら演奏して世界をまわった――でありまし…

どんぱす今日の御膳106

106 The Monkees「(I'm Not Your)Stepping Stone」(『THE MONKEES 50』) モンキーズも凄い有名ながら、ちゃんと聴こうと思ったことがなかった。このコンピに、XTCのアンディ・パートリッジが提供した曲(「You Bring the Summer」)が入ってると聞いて慌…

どんぱす今日の御膳105

105 Metal Church「Merciless Onslaught」(『METAL CHURCH』1984) 久々に正統派のメタルをいきますか。米国のMetal Churchデビューアルバムです。David Wayneの金属的な(?)ヴォーカルを軸に展開を聴かせる「Beyond the Black」、独特のグルーヴが魔術的…

どんぱす今日の御膳104

104 Ray Parker Jr.「Ghostbusters」(『ELVIRA PRESENTS HAUNTED HITS』1988) 私はHuey Lewis & The Newsの「I Want A New Drug」の方を先に聴いてたかもしれないなあ。映画ファンでもないので『ゴーストバスターズ』ちゃんと観てないし。 変なコンピを安…

どんぱす今日の御膳103

103 Marilyn Manson「The Dope Show」(『MECHANICAL ANIMALS』1998) オルタナティヴとかインダストリアルとかいろいろジャンル分け出来るようですが、この人はなんていうのがイイんですかね。ニュー・ヘヴィ・ロックとかでいいか。(んなわけない……) すみ…

どんぱす今日の御膳102

102 The Mad Capsule Markets「公園へあと少し」(『1990-1996』2004) 有名有力バンドですが、ほとんどこの曲しか知りません。 私が高校のとき(文化祭に出るのを主目的とした)バンドをやってた話は以前にくだくだしく述べさせていただきました。(「Teena…

どんぱす今日の御膳101

101 Linda Ronstadt「(Love Is Like A)Heat Wave」(『GREATETS HITS』1976) アメリカのシンガーRonda Ronstadtさんも、著名な方でありながら、私のチェックが及んでいなかった。この些か古いベスト盤で鑑賞いたしましょう。 クールな「You’re No Good」…

どんぱす今日の御膳100

100 Leo Sayer「One Man Band」(『JUST A BOY』1974) 英国の名シンガー・ソングライターLeo Sayer、1974年の曲。……ただし私は他人が歌ったヴァージョンにてこちらを知りました。その他人とはだれあろう、The WhoのRoger Daltrey。 というか、正確にはロジ…

どんぱす今日の御膳099

099 John R. Pierce「Stochatta」(『COMPUTER MUSIC CURRENTS,Vol.13:The Historical CD of Digital Sound Synthesis』1995) 変わったCDを手に入れちゃったので。デジタル・サウンド(ミュージック?)の歴史的カタログ集(らしい)。なんか分厚いブック…

どんぱす今日の御膳098

098 Laura Nyro「Eli’s Comin’」(『CLASSICS』1991) 初めてこの曲を聴いたのはThree Dog Nightのベスト盤でしたな。けっこうホットでファンキーなヴァージョンだったのですが、歌詞がどことなく不気味でね。「イーライ」って何なの?やって来るの?……ホラ…

どんぱす今日の御膳097

097 Kreator「Enemy Of God」(『DYING ALIVE』2013) 私は熱心なスラッシャーではないので、スラッシュ・バンドは有名どころをちょこっとしか知りません。ドイツのヴェテランKreatorも、ディスクガイド等でよく目にしてはいながら、どこから聴いていいのか…

どんぱす今日の御膳096

096 Woody Herman and His Orchestra「At the Woodchopper’s Ball」(Various Artists『BOOGIE WOOGIE』Disc5、2003) Ten Years After大好き人間としては、彼らの初期のレパートリー「Woodchopper’s Ball」(ライヴ盤『UNDEAD』を聴いて下さい!)の元ネタ…

どんぱす今日の御膳095

095 Jonny Lang「Lie To Me」(『LIE TO ME』1997) ジョニー・ラングさん。「若き天才ブルース・ギタリスト」、みたいな売り出しをされていた方です。実際ソロデビューアルバム『LIE TO ME』はリリース当時16歳くらい。なんという早熟。 歌ってギターも弾く…

どんぱす今日の御膳094

094 The Four Jones Boys「Tutti Frutti」(『THE BIRTH OF BRITISH BLUES』2015) 「トゥッティ・フルッティ」って、“刻んで砂糖漬けにした果物が入ったアイスクリーム”のことなんだそうですね(元はイタリア語とか)。食べてみたい…… ではなくて、こちらは…

どんぱす今日の御膳093

093 John Lennon「Cold Turkey」(『LENNON LEGEND』1997) 今回はちょっと長めになります…… 私がビートルズのことを知ったのは中学生のときで、先生が授業の時に紹介された「Yesterday」がファースト・コンタクトだったと思います。「ものすごい衝撃を受け…

どんぱす今日の御膳092

092 Bruce Springstone「Take Me Out To The Ball Game」(Various Artists『BASEBALL’S GREATEST HITS』1989) さすがはベースボール・ネイション米国、baseballがワン・音楽ジャンル。こんなCDまで出ているのね!? 「Take Me Out To The Ball Game」とい…

どんぱす今日の御膳091

091 Joe South「Hush」(『THE BEST OF JOE SOUTH』1990) あけましておめでとうございます。 第1期Deep Purpleのヒット曲「Hush」を作った人による自演版。もともとは、ジョーさんが作り、Billy Joe Royalという人に提供された(1967年)もの。ハネるリズム…