DON'T PASS MUSIC BY

"Fashist an di attack ,den wi countah-attack......"<Linton Kwesi Johnson>

目次[登場アーティスト付き]其の十五 2021年7月~

 ようこそお越し下さいました。文字の多いブログですが、お楽しみくださいませ。

DON'T PASS MUSIC BY (@YesOutsiders) | Twitter

*あらたにTwitterもはじめました

 

ブログ本体でも「音」へのご案内をしています。音を聴きながら読んでもらえればということで、記事中で関連音源が聴けるようになってます〔YouTube様さまです〕。

 

 さて、まず記事に登場するアーティスト別の索引はこちら↓。気になるバンド/ひとを探してみて下さい。

 アーティストABC順索引

 ※随時更新の「目次」はこの下です。 

f:id:yes_outsiders:20210704205820p:plain        "Don't pass music by !"

 

 最近の記事へのリンクは目次↓からどうぞ。(記事の追加ごとに更新)

目次[其の十五]

中国メタル名曲紹介(10)霜凍前夜楽隊[霜凍前夜楽隊(霜冻前夜乐队 / Frosty Eve)]

中国メタル名曲紹介(11)戦斧楽隊 [戦斧楽隊(战斧乐队 / Tomahawk)]

中国メタル名曲紹介(12)鉄風箏楽隊[鉄風箏楽隊(铁风筝乐队 / Iron Kite)]

中国メタル名曲紹介(13)幻世狂想楽隊[幻世狂想楽隊(幻世狂想乐队 / Illusion)]

中国メタル名曲紹介(14)Raging Mob [Raging Mob]

中国メタル名曲紹介(15)暗月冥楽隊[暗月冥楽隊(暗月冥乐队 / Moonless Acheron)]

中国メタル名曲紹介(16)紫冥楽隊[紫冥楽隊(紫冥乐队 / Purple Hell)]

中国メタル名曲紹介(17)Never Before[Never Before]

中国メタル名曲紹介(18)Tumourboy[Tumourboy]New!!

 

♬週間スケジュール:記事追加はそれぞれ20時をめどにしています。

 (木曜日)原則「1アーティストにつき一曲」を短く紹介する「今日の御膳」。ジャンルもアーティストも幅広くまいります。更新中。

今日の御膳」はコチラから

どんぱす今日の御膳 其の一〔001~026〕

どんぱす今日の御膳 其の二〔027~052〕

どんぱす今日の御膳 其の三〔053~078〕

どんぱす今日の御膳 其の四〔079~104〕

どんぱす今日の御膳 其の五〔105~130〕

どんぱす今日の御膳 其の六〔131~156〕 

どんぱす今日の御膳 其の七〔157~182〕 

どんぱす今日の御膳 其の八〔183~〕 

 

土曜日不定期に設定する「特集」もの。2021年5月~8月は「中国メタル名曲紹介」と称し、中国の新旧ヘヴィ・メタルをご案内しました(シリーズ完)。目次は☝

 次の特集は準備中……すいません。

 

水曜日)ABC順にアーティストと関連作を掘り下げます。「第n回……」というタイトルの、当ブログのメインメニュー。いま三周目の「B」まで済みました。

 *2021年正月現在、更新が滞っております。申し訳ありませんが、暫くの間は旧い記事の方をおたのしみ(?)下さい。

  

※※これらより前の記事は、「トップ[アーティスト名付き目次]」をクリックいただいてそちらからお探しいただくか「検索」をご利用ください。

# 古い記事が探しやすくなるかなと思いまして、タイプ別記事リスト(ブログ内リンク集) なるものも設けてみました。ページ右側(PCの場合)の「カテゴリー別」のところからお入りください。

  ご感想など、コメント欄でどうぞお気軽にお寄せ下さい。

(なお、題目“DON'T PASS MUSIC BY”の下の文言[名言?]は不定期に変わります。)

どんぱす今日の御膳 其の八〔183~〕

 1アーティストにつき1曲ずつ、「これいい!」「おもしろい!」曲を紹介してまわるコーナーです。

 “何が出てくるかわからんな!?”と言っていただけるように展開中。目下、毎週木曜更新

〔この「目次」は記事の追加ごとに順次増えていきます〕

どんぱす今日の御膳183 [Phil Rudd]

どんぱす今日の御膳184 [The Shaggs]

どんぱす今日の御膳185 [Ozzy Osbourne]

どんぱす今日の御膳186 [Curved Air]

どんぱす今日の御膳187 [Mandrake Root]

どんぱす今日の御膳188 [Hellhound]

どんぱす今日の御膳189 [Uriah Heep]

どんぱす今日の御膳190 [Rick Wakeman]

どんぱす今日の御膳191 [Billy Joel]

どんぱす今日の御膳192 [Billy Joel]

どんぱす今日の御膳193 [Billy Joel]

どんぱす今日の御膳194 [From The Jam ( Bruce Foxton & Russell Hastings )]

どんぱす今日の御膳195 [David Bowie]New!!

どんぱす今日の御膳203

203

Ari KoivunenPiano Man」(『FUEL FOR THE FIRE』2007)

youtu.be

 手持ちの音源を整理していたら、こんなのを見つけました。

 もちろんBilly Joelの名曲「Piano Man」でございます。歌ってるのはAri Koivunen(アリ・コイヴネン)、フィンランドのシンガーです。私はメタル畑の人だという認識しかなくて、このトラックを見逃していた……

 ボーナストラック扱いですから、メタリックな本編とは別物として収録されているわけでしょうが、まあしっかりした歌唱は変わりませんからよいですよね。バッキングもオリジナルに忠実なピアノ+リズム隊+ハーモニカがベース。ブックレットを引っ張り出せば、アリビリー・ジョエルの縁もわかるかもしれませんが、ちょっといま手元にない。

……あら、でも、YouTubeで調べるとすぐに動画が出てきたね。彼が世に出るきっかけとなった「アイドル発掘番組」に「Piano Man」を持ち歌として出てたわけか。その時に比べると、アルバムのトラックはかなりこなれてますね。

 

 まあ、ビリー・ジョエルって人は1970年にはAttilaっていうプロト・メタルみたいな音を出してた人だから(当ブログ第2回をご参照ください第2回「Attila」)、ぐるっと回ってこういう事態が生じたっていうのも面白いですかね。

 

 『FUEL FOR THE FIRE』本体もメロディックなメタルがお好きなら楽しめると思います。

どんぱす今日の御膳202

202

The Damned「Manipulator」(『THE ROCKFIELD FILES』2020)

youtu.be

 70年代パンクは好きですが、長くやってるこの人たちは特に尊敬しますなあ。2020年のEP、Dave Vanian(Vo)+Captain Sensible(Gt)のオリジナル組に、長年彼らとともに歩んできているPinch(Dr)・Monty Oxymoron(Key)……お、ベースはPaul Gray氏ですか、『THE BLACK ALBUM』(1980)を思い出しますね。

 

 4曲入りの本作中一番短い「Manipulator」を選びましたが、「コレですよコレ!」。この疾走感、デイヴの個性的ヴォーカル、鍵盤の効果的な入れ方。ジャケットで牛と戯れてるおじいちゃん達の出す音じゃないね(?)。

 元ダムド組は、Brian JamesやRat Scabiesも元気ですけど、やはり本家が暖簾を守ってるというのは大事よね。

 今回は初期パンクの精神に敬意を表して、だらだら綴らずあっさり終わりましょう。