DON'T PASS MUSIC BY

"......"<>

目次[登場アーティスト付き]其の十五 2021年7月~

 ようこそお越し下さいました。文字ばかりのブログですが、お楽しみいただければ……。

DON'T PASS MUSIC BY (@YesOutsiders) | Twitter

  さて、まず記事に登場するアーティスト別の索引はこちら↓。気になるバンド/ひとを探してみて下さい。

 アーティストABC順索引

 ※随時更新の「目次」はこの下です。 

f:id:yes_outsiders:20210704205820p:plain        "Don't pass music by !"

 

 最近の記事へのリンクは目次↓からどうぞ。(記事の追加ごとに更新)

目次[其の十五]

中国メタル名曲紹介(10)霜凍前夜楽隊[霜凍前夜楽隊(霜冻前夜乐队 / Frosty Eve)]

中国メタル名曲紹介(11)戦斧楽隊 [戦斧楽隊(战斧乐队 / Tomahawk)]

中国メタル名曲紹介(12)鉄風箏楽隊[鉄風箏楽隊(铁风筝乐队 / Iron Kite)]

中国メタル名曲紹介(13)幻世狂想楽隊[幻世狂想楽隊(幻世狂想乐队 / Illusion)]New!!

 

♬週間スケジュール:記事追加はそれぞれ20時をめどにしています。

 (月曜日・木曜日)原則「1アーティストにつき一曲」を短く紹介する「今日の御膳」。ジャンルもアーティストも幅広くまいります。比較的順調に更新中。

今日の御膳」はコチラから

どんぱす今日の御膳 其の一〔001~026〕

どんぱす今日の御膳 其の二〔027~052〕

どんぱす今日の御膳 其の三〔053~078〕

どんぱす今日の御膳 其の四〔079~104〕

どんぱす今日の御膳 其の五〔105~130〕

 (どんぱす今日の御膳 其の六〔131~〕

 

土曜日不定期に設定する「特集」もの。2021年5月~は「中国メタル名曲紹介」と称し、中国の新旧ヘヴィ・メタルをご案内。目次は☝

 

水曜日)ABC順にアーティストと関連作を掘り下げます。「第n回……」というタイトルの、当ブログのメインメニュー。いま三周目の「B」まで済みました。

 *2021年正月現在、更新が滞っております。申し訳ありませんが、暫くの間は旧い記事の方をおたのしみ(?)下さい。

  

※※これらより前の記事は、「トップ[アーティスト名付き目次]」をクリックいただいてそちらからお探しいただくか(現在までに「其の一」から「其の十四」までがございます)、「検索」をご利用ください。

# 古い記事が探しやすくなるかなと思いまして、タイプ別記事リスト(ブログ内リンク集) なるものも設けてみました。ページ右側(PCの場合)の「カテゴリー別」のところからお入りください。

  ご感想など、コメント欄でどうぞお気軽にお寄せ下さい。

(なお、題目“DON'T PASS MUSIC BY”の下の文言[名言?]は不定期に変わります。)

目次[登場アーティスト付き]其の十四 2021年4月~6月

 いらっしゃいませ。文字でどれだけ“音楽”が伝えられるものか?頑張っております。

DON'T PASS MUSIC BY (@YesOutsiders) | Twitter

  さて、まず記事に登場するアーティスト別の索引はこちら↓。気になるバンド/ひとを探してみて下さい。

 アーティストABC順索引

 ※随時更新の「目次」はこの下です。

  最近の記事へのリンク目次↓からどうぞ。(記事の追加ごとに更新)

目次[其の十四]

このドラミングがすごい“mini”(9) [Helicon]

中国メタル名曲紹介(1)超載楽隊[超載楽隊(超载乐队 Overload)]

中国メタル名曲紹介(2)唐朝楽隊[唐朝楽隊 (唐朝乐队 Tang Dynasty)]

中国メタル名曲紹介(3)春秋楽隊[春秋楽隊(春秋乐队 Spring And Autumn)]

中国メタル名曲紹介(4)黒豹楽隊[黒豹楽隊 ( 黑豹乐队 Black Panther )]

中国メタル名曲紹介(5)冥界楽隊[冥界楽隊(冥界乐队 Narakam)]

中国メタル名曲紹介(6)窒息楽隊[窒息楽隊(窒息乐队 Suffocated)]

中国メタル名曲紹介(7)施教日楽隊[施教日楽隊(施教日乐队 Ritual Day)]

中国メタル名曲紹介(8)Hyponic[Hyponic]

中国メタル名曲紹介(9)海市蜃楼楽隊 [海市蜃楼楽隊(海市蜃楼乐队 Mirage)]New!!

 

♬週間スケジュール:記事追加はそれぞれ20時をめどにしています。

 

 (月曜日木曜日)原則「1アーティストにつき一曲」を短く紹介する「今日の御膳」。ジャンルもアーティストも幅広くまいります。比較的順調に更新中。

※「今日の御膳」はコチラから

どんぱす今日の御膳 其の一〔001~026〕

どんぱす今日の御膳 其の二〔027~052〕

どんぱす今日の御膳 其の三〔053~078〕

どんぱす今日の御膳 其の四〔079~104〕

どんぱす今日の御膳 其の五〔105~130〕

 (どんぱす今日の御膳 其の六〔131~〕

 

土曜日不定期に設定する「特集」もの。2021年5月~は「中国メタル名曲紹介」と称し、中国の新旧ヘヴィ・メタルをご案内。目次は☝

 

水曜日)ABC順にアーティストと関連作を掘り下げます。「第n回……」というタイトルの、当ブログのメインメニュー。いま三周目の「B」まで済みました。

 *2021年正月現在、更新が滞っております。申し訳ありませんが、暫くの間は旧い記事の方をおたのしみ(?)下さい。

  

※※これらより前の記事は、トップ[アーティスト名付き目次]」をクリックいただいてそちらからお探しいただくか(現在までに「其の一」から「其の十四」までがございます)、「検索」をご利用ください。

# 古い記事が探しやすくなるかなと思いまして、タイプ別記事リスト(ブログ内リンク集) なるものも設けてみました。ページ右側(PCの場合)の「カテゴリー別」のところからお入りください。

  ご感想など、コメント欄でどうぞお気軽にお寄せ下さい。

(なお、題目“DON'T PASS MUSIC BY”の下の文言[名言?]は不定期に変わります。)

どんぱす今日の御膳 其の六〔131~〕

 いちアーティストにつき1曲をえらび、紹介していくコーナー。最近は当ブログのメインメニューになりつつありますが……。

 ロック・ポップスからジャズ・フュージョン、クラシックからHR/HMまでなんでもあり。何が出てくるかはおたのしみ!?

〔この「目次」は記事の追加ごとに順次増えていきます〕

どんぱす今日の御膳131[Thunderclap Newman]

どんぱす今日の御膳132[Tiny Bradshaw]

どんぱす今日の御膳133[Trini Lopez]

どんぱす今日の御膳134 [Trust]

どんぱす今日の御膳135 [Children Of Bodom]

どんぱす今日の御膳136[Carmen Deziel]

どんぱす今日の御膳137[Grand Illusion]

どんぱす今日の御膳138[Ali Farka Touré; Idrissa Soumaoro]

どんぱす今日の御膳139[Hot Rod Crüe]

どんぱす今日の御膳140 [Spirits of Rhythm]

どんぱす今日の御膳141 [Tony Hollins]

どんぱす今日の御膳142[Helloween]

どんぱす今日の御膳143 [Giles, Giles & Fripp]

どんぱす今日の御膳144[Freak Kitchen]

どんぱす今日の御膳145[Kansas]

どんぱす今日の御膳146[Napalm Death]

どんぱす今日の御膳147[ザ・ハイロウズ]

どんぱす今日の御膳148 [Talas]

どんぱす今日の御膳149 [The Pack (terry Knight & The Pack)]New!!

 

 以前の記事もこちら(↓)からぜひどうぞ!!

どんぱす今日の御膳 其の一〔001~026〕

どんぱす今日の御膳 其の二〔027~052〕

どんぱす今日の御膳 其の三〔053~078〕

どんぱす今日の御膳 其の四〔079~104〕

どんぱす今日の御膳 其の五〔105~130〕

twitter.com

中国メタル名曲紹介(14)Raging Mob

 中国のバンドも国際化してますから、メンバーに外国の人が加わることもある。そういう例を挙げましょう。第十四弾、Raging Mob(国際聯合敲撃軍団)

 

 ヴォーカリストとギタリストがそれぞれドイツ人とアメリカ人で、あとは中国人という編成。ヴォーカルのRobert Gonellaのことは、実はみんな知ってるでしょ?ドイツのスラッシャーAssassinの初期メンバーですよ。『INTERSTELLAR EXPERIENCE』で「♪Baka」って歌ってた御仁……というわけで、このバンドはなかなか強力なスラッシュ/パワーメタル。

 

1.Raging Mob「Promisebreaker」(1stアルバム『RAGING MOB』2008)

2.Raging Mob「Slave To A Lie」(1stアルバム『RAGING MOB』2008)

3.Raging Mob「Raging Mob」(1stアルバム『RAGING MOB』2008)

<メンバー>

Robert Gonnella(Vo)

David Hemmer(Gt)

王猛(Gt)

賈克(Ba)

Soldier〔趙永建〕(Dr)

f:id:yes_outsiders:20210501115511p:plain

 アルバムで不穏な空気を煽るイントロに続く「Promisebreaker」(1)は、強力なパワーメタル。ヴェテランRobertの歌は貫禄有りだし、リフの畳みかけ方も見事なもの。強いていえば、ドラムのキレがもっとあると突進力が倍増されるでしょうけど、演奏は充分メジャーなクオリティ。当然全編英詩なので、「中国メタル」らしさはほとんどありませんけど、それを言えば日本産メタルだって大抵はそうですからね。

 

 2「Slave To A Lie」も、ゴリ押すリフと暑苦しいヴォーカルがマッチしたナイス・メタル。途中でテンポを落として一旦ストップ……からの爆走!こういう乱暴なやり口、嫌いじゃないね。いろいろこねくり回す割にあっさりと、3分半で幕。

 

 アルバムにはボーナストラックでライヴが2曲入っているのですが、いずれもロバート叔叔の古巣Assassinの楽曲。2005年の『THE CLUB』に入っていた「Raging Mob」と「Bushwhackers」でした。バンド名に引っ張ってきた「Raging Mob」の方を聴くと、本編以上に性急なスラッシュが聴けました。(オリジナル・ヴァージョンを知らないので、どう変わっているかは知りませんが。)2007年のライヴってことですが、これを聴く限り、メンバーの演奏力はホンモノのようですね。

 

 このバンドも、アルバムは一枚しか出てません。いまもバンドはあるようですが、メンバーはみんな入れ替わっているようです。ロバート・ゴネラ氏は(おそらく)ドイツへ帰ってアサシンの続きを作ったり、Raging Robなんていう名前のバンドを作って活動したりしているようですが。

<続く>

どんぱす今日の御膳150

150

Beatallica「Blackened the U.S.S.R.」(『SGT. HETFIELD’S MOTORBREATH PUB BAND』2007)

 

 パロディやるならこんくらいはやれよ、と言われてるようだ。ビートルズメタリカビータリカ。〔足して2で割らないのがポイント〕

              f:id:yes_outsiders:20210501132759p:plain


 James Hetfieldの歌い方を(かなり)デフォルメして再現しているほか、Larsのへんてこドラミングも頑張ってやってるのだね。(Larsの叩き方、ドラマー諸氏はぜひカヴァーしてみてよ、ちょっと普通じゃないんだから……)

 

 替え歌歌詞のおちょくりも堂に入ってるし。ギターソロのかわりに、Cliffっぽいベースソロを入れてくるあたりもやってくれるぜ。