DON'T PASS MUSIC BY

"It's money that rules the world......"<Gamma Ray>

目次[登場アーティスト付き]其の十五 2021年7月~

 ようこそお越し下さいました。文字ばかりのブログですが、お楽しみいただければ……。

DON'T PASS MUSIC BY (@YesOutsiders) | Twitter

*あらたにTwitterもはじめまして、そちらの方では音源への誘導もしてます.......

 

 さて、まず記事に登場するアーティスト別の索引はこちら↓。気になるバンド/ひとを探してみて下さい。

 アーティストABC順索引

 ※随時更新の「目次」はこの下です。 

f:id:yes_outsiders:20210704205820p:plain        "Don't pass music by !"

 

 最近の記事へのリンクは目次↓からどうぞ。(記事の追加ごとに更新)

目次[其の十五]

中国メタル名曲紹介(10)霜凍前夜楽隊[霜凍前夜楽隊(霜冻前夜乐队 / Frosty Eve)]

中国メタル名曲紹介(11)戦斧楽隊 [戦斧楽隊(战斧乐队 / Tomahawk)]

中国メタル名曲紹介(12)鉄風箏楽隊[鉄風箏楽隊(铁风筝乐队 / Iron Kite)]

中国メタル名曲紹介(13)幻世狂想楽隊[幻世狂想楽隊(幻世狂想乐队 / Illusion)]

中国メタル名曲紹介(14)Raging Mob [Raging Mob]

中国メタル名曲紹介(15)暗月冥楽隊[暗月冥楽隊(暗月冥乐队 / Moonless Acheron)]

中国メタル名曲紹介(16)紫冥楽隊[紫冥楽隊(紫冥乐队 / Purple Hell)]

中国メタル名曲紹介(17)Never Before[Never Before]

中国メタル名曲紹介(18)Tumourboy[Tumourboy]New!!

 

♬週間スケジュール:記事追加はそれぞれ20時をめどにしています。

 (木曜日)原則「1アーティストにつき一曲」を短く紹介する「今日の御膳」。ジャンルもアーティストも幅広くまいります。更新中。

今日の御膳」はコチラから

どんぱす今日の御膳 其の一〔001~026〕

どんぱす今日の御膳 其の二〔027~052〕

どんぱす今日の御膳 其の三〔053~078〕

どんぱす今日の御膳 其の四〔079~104〕

どんぱす今日の御膳 其の五〔105~130〕

どんぱす今日の御膳 其の六〔131~156〕 

どんぱす今日の御膳 其の七〔157~〕 

 

土曜日不定期に設定する「特集」もの。2021年5月~8月は「中国メタル名曲紹介」と称し、中国の新旧ヘヴィ・メタルをご案内しました(シリーズ完)。目次は☝

 次の特集は準備中……すいません。

 

水曜日)ABC順にアーティストと関連作を掘り下げます。「第n回……」というタイトルの、当ブログのメインメニュー。いま三周目の「B」まで済みました。

 *2021年正月現在、更新が滞っております。申し訳ありませんが、暫くの間は旧い記事の方をおたのしみ(?)下さい。

  

※※これらより前の記事は、「トップ[アーティスト名付き目次]」をクリックいただいてそちらからお探しいただくか「検索」をご利用ください。

# 古い記事が探しやすくなるかなと思いまして、タイプ別記事リスト(ブログ内リンク集) なるものも設けてみました。ページ右側(PCの場合)の「カテゴリー別」のところからお入りください。

  ご感想など、コメント欄でどうぞお気軽にお寄せ下さい。

(なお、題目“DON'T PASS MUSIC BY”の下の文言[名言?]は不定期に変わります。)

どんぱす今日の御膳 其の七〔157~〕

 1アーティストにつき1曲ずつ、「これいい!」「おもしろい!」曲を紹介してまわるコーナーです。

 “何が出てくるかわからんな!?”と言っていただけるように展開中。目下、毎週木曜更新

〔この「目次」は記事の追加ごとに順次増えていきます〕

 

どんぱす今日の御膳157 [中能島欣一]

どんぱす今日の御膳158[Xyster]

どんぱす今日の御膳159[Richard Berry]

どんぱす今日の御膳160 [Brian Hopper & Hugh Hopper]

どんぱす今日の御膳161[Hollywood Brats]

どんぱす今日の御膳162 [The Beach Boys]

どんぱす今日の御膳163 [Chakra Static]

どんぱす今日の御膳164 [Nicky Hopkins & His Whistling Piano]

どんぱす今日の御膳165 [The Crusaders]

どんぱす今日の御膳166 [Jon Bon Jovi]

どんぱす今日の御膳167 [Kurt Redel] 

どんぱす今日の御膳168 [Iron Fire]

どんぱす今日の御膳169  [Sheryl Crow]

どんぱす今日の御膳170 [Larry Graham And Graham Central Station]

どんぱす今日の御膳171 [Dr.Feelgood]

どんぱす今日の御膳172  [SBB]

どんぱす今日の御膳173 [Stefano Bollani]

どんぱす今日の御膳174  [Purp Deeple]

どんぱす今日の御膳175 [The Jimi Hendrix Experience]

 

※連動するTwitterの方では、「」への誘導付き……お時間があればぜひいらっしゃいませ。

twitter.com

 

※これ以前の記事は↓↓からどうぞ。

どんぱす今日の御膳 其の一〔001~026〕

どんぱす今日の御膳 其の二〔027~052〕

どんぱす今日の御膳 其の三〔053~078〕

どんぱす今日の御膳 其の四〔079~104〕

どんぱす今日の御膳 其の五〔105~130〕

どんぱす今日の御膳 其の六〔131~156〕

どんぱす今日の御膳180

180

The Who「Go To The Mirror」(『TOMMY』1969)

 名作『TOMMY』を久し振りに通しで聴きなおして感動。いろいろ発見もある中で、この曲におけるRogerの歌いまわしがかのDee Snider(Twisted Sister)に影響を与えていることを突き止めた(?)。“♪iso-lation”‟♪stimu-lation”のトコ。Twister Sister「What You Don’t Know(Sure Can Hurt You)」の“♪Please no plaudits or ova-tions”のところは同じ節回しじゃなイカ?〔細かすぎます?〕

f:id:yes_outsiders:20211222233352p:plain


 Twisted Sisterは、外見のアピーリングはともかく、出してる音はブリティッシュロック系の骨太い感じですしね。Yardbirdsとか好きのようだし、なんといっても連中のヒット曲「We're Not Gonna Take It」は、The Who『TOMMY』締めくくりの大曲と同名(異曲)ですからね。ディーはフー・マニアってことで証明終わりでしょ。

どんぱす今日の御膳179

179

Notsensibles「I'm In Love With Margaret Thatcher」(『PUNK PAY TRIBUTE』

 もう一つコンピで仕入れたネタ。70年代末のパンクNotsensiblesのシングル・ヒット(?)「I’m In Love With Margaret Thatcher」。すげえタイトルだなと思って再生すると、“♪I’m in love with Margaret Thatcher, I’m in love with Margaret Thatcher, I’m in love with Maggie T……”だってさ。

 

 もちろん別に保守党のキャンペーンソングって訳じゃなくて、皮肉っぽいパンク・チューン……というほどのメッセージ色も無いか。戯れ歌の類でしょうかね。1979年。

 

 でもね、やはり当時「サッチャーが政権を握った」ことは英国民(特に若い連中)に大きなインパクトを与えたようなんですよね。(サッチャーに対し“怨み骨髄”の若者――当時の――が数多く生まれたのも確かに無理はないですしねえ。Notsensiblesはそうじゃなかったようですけど。)

                f:id:yes_outsiders:20211222233133p:plain



 そうそう、メタルヘッドの貴方なら、Iron Maidenの初期作品を思い出すでしょ?シングル「Sanctuary」のジャケでエディ・ザ・ヘッドに刺されて、「Women In Uniform」でそのエディにマシンガンで報復を企ててるのはどうみてもマギー、でしたな。

 

 サッチャーが2013年に死んだとき、オズの魔法使いの挿入歌「Ding-Dong! The Witch Is Dead」が“リバイバル”させられてチャート上位に入ったっていうニュースを聞いて「英国ってところは苛烈なときは苛烈なものだ」、「しかし筋は、通ってる」などと思ってみていたんですが、この「I’m In Love With Margaret Thatcher」は、反サッチャー派(「魔女は死んだ」のチャート入りに尽力した)に“対抗する”側のソングとして担ぎ出されたんだそうで。

 

 はっきり言って楽曲的には大したことがない(本人たちもそういってるようですけど)のですが、34年を経て取り出されるなんてやっぱり時代を映してたんでしょうねえ。リバイバル時のチャートポジションは35位で、「魔女は死んだ」に及ばなかったみたいですが……