DON'T PASS MUSIC BY

"嘘八百 is not a metaphorical expression in our country."

目次[登場アーティスト付き]其の十二 2020年10月~

素晴らしき音楽について、文字でお伝えしようとしているブログです。 まず、記事に登場するアーティスト別の索引はこちら↓。 アーティストABC順索引 ※随時更新の「目次」はこの下です。 "Don't pass music by !" 最近の記事へのリンクは目次↓からどうぞ。(…

目次[登場アーティスト付き]其の十一 2020年7月~9月

2020年7月~9月の記事へのリンク集です。 目次[其の十一] 第57回「Yellow Matter Custard」(2)[Yellow Matter Custard] 時代の産物を追う?〔続〕(26)[Suzi Quatro] 第58回「Zebra」(1)[Zebra] 時代の産物を追う?〔続〕(27)[Tanith] 第58回「Zebr…

どんぱす今日の御膳 其の四〔079~〕

一アーティストにつき1曲を(ランダムに)紹介していくコーナーです。短い時間でお読みいただける筈。 メタルからジャズまで、定番から珍品まで、何でも有り! どんぱす今日の御膳079[The Hollies]New!! 以前の記事については、こちら(↓)からどうぞ!! ど…

どんぱす今日の御膳080

080 Michael Jackson「The Pepsi Generation」(『GREAT COLA COMMERCIALS 2』1996) CD屋さんをうろつきまくっていると、こんな面白コンピに出くわすこともあるぞえ。コーラのコマーシャルっていうのは米国では激烈なものらしく――わがBilly Joelも「We Didn…

どんぱす今日の御膳079

079 The Hollies「Fortune Teller」(『THE HOLLIES』1965) 60年代から活躍した英国のロックバンドThe Hollies。『THE HOLLIES』はサードアルバム。 「Fortune Teller」はアラン・トゥーサン(Allen Toussaint)が作曲しBenny Spellmanがレコーディングした…

ロックンロール青果店(16)

(16)Booker T. & The MG’s「Green Onions」(1962) ビートルズに「Glass Onion」てのがありますが、彼らは一度「イチゴ」で出てきたんで、お引き取り願いました。「Green Onions」も、これはまあ有名な曲で、いろんなアーティストがやり(たがり)ますが…

どんぱす今日の御膳078

078 Herman’s Hermits「Dandy」(『THE BEST OF THE EMI YEARS Vol.1』1991) ブリティッシュ・インヴェイジョンの一角を担ったという名バンド。……と偉そうに言いつつ、私はベスト盤を二枚しか持ってません。それでもここで取り上げるのは、彼らがThe Kinks…

第60回「Bobby Harrison」(10)

Bobby Harrison関連作にはひと区切りつけたところだったんですが……なんとその後もう一品入手しましたので追加しておきます。フリーダムのラスト・アルバム。 Freedom『FREEDOM IS MORE THAN A WORD』(1972) Together Miss Little Louise Sweaty Feet Brain…

どんぱす今日の御膳077

077 Hell Preachers Inc.「Time Race 1」(『SUPREME PSYCHEDELIC UNDERGROUND』1968) 昔から謎のセッションとして知られつつ、「Deep Purpleの覆面バンドでは?」とうわさされてきたという作品。「Time Race 1」が、もろにDeep Purple「Wring That Neck」…

ロックンロール青果店(15)

(15)Foghat「Wild Cherry」(1974) 英国産ハード・ブギー・バンドFoghatにこんなタイトルの曲があるのは、最近まで、というか今回この企画を始めるまで知りませんでした。「I Just Want to Make Love to You」「Slow Ride」「Fool for the City」「Honey …

どんぱす今日の御膳076

076 Hawaii「Beg for Mercy」(『THE NATIVES ARE RESTLESS』1985) いまや日本のお茶の間に定着したギタリストMarty Friedmanさんが、MegadethはおろかCacophonyよりも前にやっていたバンドHawaiiのセカンド・アルバム。武骨なパワーメタルに、マーティの東…

第60回「Bobby Harrison」(9)

Procol Harumの正ドラマーはB.J.Wilsonです。オリジナル活動時代の全作品に関与したという物理的事実、前身のThe Paramountsにも居たという歴史的事実、そして彼のドラミングこそがプロコル・ハルムの楽曲を高次に引き上げたという芸術的事実によってそう断…

どんぱす今日の御膳075

075 Hard Gear「Prevision」(『INFINITIVAL ABILITY』2002) 札幌というところは、Saber Tigerをはじめ多くの国産メタルの産地でありますが、そのサーベル・タイガーともゆかりの深いバンドがこのHard Gearであります。元Saber Tiger(当時。いまはSaber Ti…

ロックンロール青果店(14)

(14)Jimmy Smith「Plum Nellie」(1957) これは「プラム」そのものというより、人の名前(風)なんでしょうかね。ジャズナンバーで歌詞がない(インスト)ので、うかがい知ることは出来ませんが。 ジャズ・オルガンの達人Jimmy Smith『JIMMY SMITH AT THE…

どんぱす今日の御膳074

074 Hank Williams「Honky Tonk Blues」(1952) Huey Lewis & The Newsの名作『SPORTS』(1983)の9曲目(ラスト)に入っていたのが「Honky Tonk Blues」のカヴァーだったんですが、これがノリノリのロックンロールだったんです。いつか原曲を聴いてみたい…

第60回「Bobby Harrison」(8)

Snafuは、1976年に解散します。そこでBobby Harrisonはこんどは、Joe Jammer(Gt)やTony Stevens(Ba)らとNobody’s Businessを結成します。Tonyは60年代末にSavoy Brownに加入、さらに同バンドの仲間Dave Peverett・Roger Earlと結んでFoghatを結成した人…

どんぱす今日の御膳073

073 Terry & The Lovemen「The Good Things」(『A TESTIMONIAL DINNER: The Songs of XTC』1995) XTCのトリビュート・アルバム。以前「The Ballad of Peter Pumpkinhead」をご紹介したCrash Test Dummiesが「All You Pretty Girls」をフォーキーにやってた…

ロックンロール青果店(13)

(13)Blind Lemon Jefferson「Peach Orchard Mama」(1929) 本場のカントリー・ブルーズから。テキサスに生まれ、シカゴを主舞台として活躍した名ブルーズマンBlind Lemon Jeffersonの一曲。1929年の曲だということですね。“♪Peach orchard mama, don’t tr…

どんぱす今日の御膳072

072 Grave Digger「2000 Lightyears from Home」(『THE BEST OF THE EIGHTIES』1993) 私は上記のコンピで聴きましたが、初出は『HEAVY METAL BREAKDOWN』(1984)。ジャーマンメタルはこういうB級バンドの層が厚かった。この人らは途中から少しずつあか抜…

第60回「Bobby Harrison」(7)

Snafuの2作目がこちら。 Snafu『SITUATION NORMAL』(1974) No More No Bitter Taste Brown Eyed Beauty & The Blue Assed Fly Lock And Key Big Dog Lusty Playboy Blues Jessie Lee Ragtime Roll <メンバー> Bobby Harrison(Vo, Perc) Micky Moody(G…

どんぱす今日の御膳071

071 The National Raga Company of India「Transcendental Meditations on the Mystique of Spiritual Love」(『ALL THE BEST FROM INDIA』2001) ダイクマ・ワゴン・セール(で買ったやつ)第n弾!ホントに世話になったね。エルヴィス、リトル・リチャード…

ロックンロール青果店(12)

(12)Shocking Blue「Pickin’ Tomatoes」(1970) 「ヴィーナス」や「鉄道員」を歌っていたバンドに「トマト摘み」(?)の曲があったよ。1970年のシングル「Hello Darkness」のB面だったみたいです。(私は『SINGLES A’S & B’S』っていうコンピレーション…

どんぱす今日の御膳070

070 The Germs「No God」(『(MIA):THE COMPLETE ANTHOLOGY』1993) アメリカのパンク・バンド。ということくらいしか知りません。持ってるのは上のコンピ一枚きり。「No God」の初出は(たぶん)『LEXICON DEVIL』(1978)というEP。“♪See……there’s no G…

第60回「Bobby Harrison」(6)

Freedomは、1972年に解散と相成りました。その後ボビーはソロアルバム制作に着手、『FUNKIST』を作ります。(レコーディングは72年でしたが、リリースは75年。またもや、ボビー作品をめぐる時空捻じ曲げですよ。困ったことだ……) ソロアルバム制作時に協働し…

どんぱす今日の御膳069

069 Garth Brooks「Shameless」(『ROPIN' THE WIND』1991) 新世代カントリー・ミュージシャンGarth Brooksのサード・アルバムに、Billy Joel「Shameless」のカヴァーが入っているのです。というか、そっちが有名になっちゃったらしい。スティール・ギター…

ロックンロール青果店(11)

(11)Kevin Ayers「Guru Banana」(1975) これも変な曲かなあ。「バナナ導師」って……? さすがKevin Ayers、このへんてこセンス、でありながら妙にキャッチーな曲。1975年のアルバム『SWEET DECEIVER』の2曲目に収まっております。ちなみにこのアルバム、…

どんぱす今日の御膳068

068 Galneryus「Destiny」(『RESURRECTION』2010) ガルネリウスに小野正利さんが加入するというニュース知ったときは驚き喜んだものでした。『STAND PROUD』というトリビュートものシリーズで小野さんの超絶歌唱(Scorpions「Blackout」・Judas Priest「Ex…

第60回「Bobby Harrison」(5)

ベーシストWalter Monaghamは、Mick Abrahams Bandに移籍しまして、後任にはPeter Dennis氏が加入。……とされるのですが、『THROUGH THE YEARS』にはMonagham氏が作曲に関与した曲が半分も入っているのでした。プロデュースはRodger Bainさん(Black Sabbath…

どんぱす今日の御膳067

067 The Great American Strings Band「Shenandoah」(『200 YEARS OF AMERICAN HERITAGE』1991) 以前Riot全作品紹介をやった時、『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』(1995)に「Shenandoah」というトラディショナル・ソングが入っていることに触れました…

ロックンロール青果店(10)

(10)Fats Domino「Blueberry Hill」(1956) さて、まだまだお品はありますぞ。「ブルーベリー」ならばこれでせう。 はじめて世に出たのは1940年だったんだそうですが、私が聴いたのはこの著名なFats Dominoヴァージョン。1956年のシングル。 程よくソウル…