DON'T PASS MUSIC BY

"Sometimes I wonder what I'm gonna do....."<Eddie Cochran>

目次[登場アーティスト付き]其の十五 2021年7月~

ようこそお越し下さいました。文字ばかりのブログですが、お楽しみいただければ……。 DON'T PASS MUSIC BY (@YesOutsiders) | Twitter *あらたにTwitterもはじめまして、そちらの方では音源への誘導もしてます....... さて、まず記事に登場するアーティスト…

〈カテゴリ別〉リンク集へのガイド

トップ[アーティスト名付き目次] (15) アーティストABC順索引 (14) タイプ別記事リスト(ブログ内リンク集) (22) 今日の御膳(一曲紹介) (159) 特集記事 (182)

どんぱす今日の御膳 其の七〔157~〕

1アーティストにつき1曲ずつ、「これいい!」「おもしろい!」曲を紹介してまわるコーナーです。 “何が出てくるかわからんな!?”と言っていただけるように展開中。目下、毎週木曜更新。 〔この「目次」は記事の追加ごとに順次増えていきます〕 どんぱす今日…

どんぱす今日の御膳166

166 Jon Bon Jovi「Billy Get Your Guns」『BLAZE OF GLORY』(1990) Bon Joviは私が中学生の頃無茶苦茶流行ってて、別にハードロックファンなどではない(なんだったら、洋楽ファンというわけでもない)クラスメートが、ふつーに話題にしてたくらいでした…

どんぱす今日の御膳165

165 The Crusaders「Blues Up Tight」 ジャズ・フュージョンの名バンド、クルセイダーズの曲。1966年(The Jazz Crusaders名義)の『LIVE AT THE LIGHTHOUSE ‘66』に入っています。作曲はJoe Sampleさん。私は『THE GOLDEN YEARS』(1992)というコンピレー…

どんぱす今日の御膳164

164 Nicky Hopkins & His Whistling Piano「Mr. Pleasant」(Various Artists『KINKED !:Kinks Songs & Sessions 1964-1971』2016) キンクスの「Mr. Pleasant」(1967年のシングル)には、英国ロック界のスーパーSession Manニッキー・ホプキンズがピアノ…

どんぱす今日の御膳163

163 Chakra Static「Guitar Wizard」(Various Artists『GOA 2001:Best of Psychedelic Trance』2001) 「サイケデリック・トランスってなんぞ?」状態の小生が、レコード店のお得セールでゲットしたコンピ(4枚組)に入っていたのです…… 「Guitar Wizard」…

どんぱす今日の御膳162

162 The Beach Boys「Your Song」(Various Artists『THE FILLMORE EAST LAST 3 NITES』2016) 不勉強で、こんなのがあるなんて知らなかった。ビーチ・ボーイズがElton John「Your Song」をやってる。最初はヴォーカルとピアノだけなので、余興的なのかと思…

どんぱす今日の御膳161

161 Hollywood Brats「I Need You」『DIRTY WATER:The Birth of Punk Attitude Disc2』(2010) いわゆるパンクの“前夜”(1971-74)に活動した英国のバンドによる、The Kinksの隠れ名曲(?)「I Need You」のカヴァー。なんでもThe WhoのKeith Moon(ムー…

どんぱす今日の御膳160

160 Brian Hopper & Hugh Hopper「That’s Alright Mama」(『CANTERBURIED SOUNDS Disc3』2013) エルヴィスのデビュー曲(「That’s All Right Mama」)として有名なR&Bクラシックを、ホッパー・ブラザーズ(そんな団体名は無い……)がカヴァー。お遊びなのか…

どんぱす今日の御膳159

159 Richard Berry「Louie, Louie」(Various Artists『ABC OF THE BLUES』Disc2、2010) キンクス「You Really Got Me」の元ネタ説が浮かんでは消えた、ガレージロックの王者The Kingsmenのヴァージョンが有名な「Louie Louie」。R&BシンガーRichard Berry…

中国メタル名曲紹介(18)Tumourboy

今回でひとまず本特集はひと区切り、かな。第十八弾、Tumourboy(腫瘤男孩楽隊)。 これも北京の友人が贈ってくれたもの。私は予備知識なしで聴いたのですが、なかなか激烈なスラッシュ・メタル。ジャケットからはもっとモダンなハードコア趣味を想像してた…

どんぱす今日の御膳158

158 Xyster「Ardiendo De Pasión」(『LO MAS POTENTE DEL METAL VOL.4』1996) メキシコのメタル・コンピがなぜか手元にあったので。(Vol.4だけ。)わたしスペイン語わからないのですが、コンピのタイトルは『最強のメタル』、曲名は英語風にすると「Burni…

どんぱす今日の御膳157

157 中能島欣一「六段」(Various Artists『六段/決定版 筝の名曲』2005) 邦楽(伝統音楽の方面の、語義通りの“邦楽”)も私はどしろうとですが、なぜかこの「六段」は好き。箏の曲というとこれが浮かぶのは、なぜだろう。幼少の折うちにこれの入ったカセッ…

中国メタル名曲紹介(17)Never Before

近年聴いた中で「こりゃあすげえ、大当たり!」と思ったのが次のNever Before。北京の友人が贈ってくれたもので、“Deep Purpleが好きなのかな?”くらいに思って再生したら、極上のドゥーム/ストーナーが出てきてビックリ。 あ、今回は第十七弾になりますか。…

どんぱす今日の御膳156

156 Blackhole「Black Hole Rock’n Roll」(『BEST OF BEST』1997) 韓国メタルの雄ブラックホールの一曲。この曲に関していうと、AC/DCっぽさが強く出ていますかね。「Whole Lotta Rosie」と「Riff Raff」を彷彿させるリフ・ワークが耳に残ります。“♪Rock’n…

どんぱす今日の御膳155

155 Domine「Altar of the King」(『EMPEROR OF THE BLACK RUNES』2003) Riotの「Altar Of The King」は、1981年の『FIRE DOWN UNDER』に収録された、知る人ぞ知る名曲でございます。〔Riot特集:時系列全作品紹介(3)『FIRE DOWN UNDER』〕 トリビュート…

中国メタル名曲紹介(16)紫冥楽隊

元気なエクストリーム系バンドがたくさん出てくるようになったのはよいことですな。この紫冥楽隊(Purple Hell)は、メロディック・デスメタルの新鋭。はい、第十七弾。 【検索にそのまま使える簡体字表記は文末に】 ギター二本がメロディアスなラインを奏で…

どんぱす今日の御膳154

154 Doctor Butcher「Don’t Talk To Me」(『DOCTOR BUTHCER』1994) Savatageは好きかな?この頃新作が出なくなって久しいね。Jon OlivaもZak Stevensも自分のプロジェクトを持ってるから仕方ないけど……。 さてその山の魔王(?)ジョン・オリヴァが、後にS…

どんぱす今日の御膳153

153 Biscaya「Howl in the Sky」(『BISCAYA』1983) スウェーデンのHR/HMバンド、ビスカヤの大名曲(ということになっている)。Europeがデビューして北欧メタルがジャンルとして形成されていくまさに草創期に現れた作品ということですな。 確かにこの疾走…

中国メタル名曲紹介(15)暗月冥楽隊

2010年代の作品はどうでしょう。まずは……これにしてみるか。暗月冥楽隊(Moonless Acheron)、特集の第十五弾です。 【検索にそのまま使える簡体字表記は文末に】 私が持っている1stアルバムは2012年の作品ですが、どうやら結成は2002年らしい。彼らもまた準…

どんぱす今日の御膳152

152 The Knack「(She’s So)Selfish」(『GET THE KNACK』1979) ザ・ナックのことを‟「一発屋」といって片付ける人”とは仲良く出来そうにありません……が、確かに「My Sharona」のインパクトが強力なことは否定できないや。別に洋楽ファンでない人にまで知…

どんぱす今日の御膳151

151 Buckethead「Carcass Cable」(『NEEDLE IN A SLUNK STACK』2009) ヘンテコばかてくギタリストBucketheadの作品。この人はメジャーどころだとGuns N’ Rosesに居たことがある(2000~2004)というのがありますが、基本的にはアングラ体質なんですかね。 …

中国メタル名曲紹介(14)Raging Mob

中国のバンドも国際化してますから、メンバーに外国の人が加わることもある。そういう例を挙げましょう。第十四弾、Raging Mob(国際聯合敲撃軍団)。 ヴォーカリストとギタリストがそれぞれドイツ人とアメリカ人で、あとは中国人という編成。ヴォーカルのRo…

どんぱす今日の御膳150

150 Beatallica「Blackened the U.S.S.R.」(『SGT. HETFIELD’S MOTORBREATH PUB BAND』2007) パロディやるならこんくらいはやれよ、と言われてるようだ。ビートルズ+メタリカ=ビータリカ。〔足して2で割らないのがポイント〕 James Hetfieldの歌い方を(…

どんぱす今日の御膳149

149 The Pack「Got This Thing On The Move」(Grand Funk Railroad『THIRTY YEARS OF FUNK 1969-1999』1999) Grand Funk Railroad初期の名作『GRAND FUNK』(1970)の、どアタマに入っている「Got This Thing On The Move」は無茶苦茶カッコ良かった。太く…

中国メタル名曲紹介(13)幻世狂想楽隊

わかりやすくメタルな奴らはなかったかなと。第十三弾は、幻世狂想楽隊(Illusion)。 【検索にそのまま使える簡体字表記は文末に】 一時期中国でもやたらと流行った、メロディック・パワーメタル。このバンドはブームがくるより少し早くからやっていたよう…

どんぱす今日の御膳148

148 Talas「High Speed On Ice」(『THE TALAS YEARS』1989) Billy Sheehanのバンド、っていう認識でまあいいと思いますが、彼らは「Shy Boy」以外にもなかなか良い曲があった。 「High Speed On Ice」っていうスピードナンバーは、スタジオ録音もあります…

どんぱす今日の御膳147

147 ザ・ハイロウズ「スーパーソニックジェットボーイ」(『ザ・ハイロウズ』1995) ザ・ブルーハーツが終わっちゃったあと、甲本氏と真島氏がハイロウズっていうのを始めたと聞いたときは、「どういうことをやるんですか?」と気にはなったものでした。 と…

中国メタル名曲紹介(12)鉄風箏楽隊

重~いものばかりじゃナンですから、こういうのはどうでしょう。第十二弾、鉄風箏楽隊(Iron Kite)。 【検索にそのまま使える簡体字表記は文末に】 先に言っておくと、これを「メタル」とするかどうかは意見が分かれそうです。ヘヴィなドラムやハードなギタ…