DON'T PASS MUSIC BY

"You can't take away my soul......"<SUZI QUATRO>

目次[登場アーティスト付き]其の十四 2021年4月~

いらっしゃいませ。文字で“音楽”が伝えられるか?頑張っております。 さて、記事に登場するアーティスト別の索引はこちら↓。 アーティストABC順索引 ※随時更新の「目次」はこの下です。 "Don't pass music by !" 最近の記事へのリンクは目次↓からどうぞ。(…

目次[登場アーティスト付き]其の十三 2021年1月~3月

素晴らしき音楽について、文字でお伝えしようとしているブログです。 まず、記事に登場するアーティスト別の索引はこちら↓。 アーティストABC順索引 ※随時更新の「目次」はこの下です。 "Don't pass music by !" 最近の記事へのリンクは目次↓からどうぞ。(…

どんぱす今日の御膳 其の五〔105~〕

一アーティストにつき1曲を(ランダムに)紹介していくコーナー。ブルーズからデスメタルまで、定番から珍品まで、何でも有り! どんぱす今日の御膳105[Metal Church] どんぱす今日の御膳106[The Monkees] どんぱす今日の御膳107[Wings (Paul McCartney & Wi…

中国メタル名曲紹介(2)唐朝楽隊

さて、中国メタル特集第二弾は唐朝楽隊(Tang Dynasty)です。 【検索にそのまま使える簡体字表記は文末に】 中国で最初の国産HMアルバムとされるのが唐朝(Tang Dynasty)の『唐朝』なのですが、これは現在でも中国のメタルファンから高く評価されている様…

どんぱす今日の御膳126

126 崎元仁「Random Waltz」(『FINAL FANTASY TACTICS Original Soundtrack』1997) ゲーム音楽。一時期この『ファイナル・ファンタジー・タクティクス』よくやりましたなあ。サントラも新品で買ってるから、よほど気に入っていたのであろう……や、思い出し…

どんぱす今日の御膳125

125 Spirit「Taurus」(『SPIRIT』1967) 米国西海岸のロックを牽引した名バンドSpiritのデビューアルバム。サイケ・ロック?ブルーズ・ロック?……あんまりジャンル分けする意味はないかもね。「Fresh Garbage」とかを聴いてみればいいので。 ストリングスと…

中国メタル名曲紹介(1)超載楽隊

最近あまりチェックできていないのですが、中国のヘヴィ・メタルには個人的にずっと関心を持ってまして……以前単発でいくつかご紹介したこともありましたが、ここらで少しまとめて取り上げておこうかなと考える次第。各バンドの楽曲名・出典も載せとくので、…

どんぱす今日の御膳124

124 Spin 1ne 2wo「On the Road Again」(『SPIN 1NE 2WO』1993) 読みづらいが、「スピン・ワン・トゥー」というユニット。プログレコーナーのKing Crimson関連に並んでいたのだが、クリムゾン人士はTony Levin(Ba, Stick)のみ。あとはRupert Hine(Key)…

どんぱす今日の御膳123

123 Jeff Beck「Space Boogie」(『THERE & BACK』1980) 「青森ロック大臣」というラジオ番組(後藤マスヒロさん時代の人間椅子がやってた)がありまして、動画共通サイトのお陰で時空を超越して私も知ることが出来たのですが、その2001年の某日放送分の中…

どんぱす今日の御膳122

122 Skid Row「Eileen」(『SUBHUMAN RACE』1995) 前回(?)ご紹介したSiam Shadeのヴォーカル栄喜さんはセバスチャン・バックが好きだった……というエピソードがウィキペディアに出ていましたが、じゃあ、Skid Rowをいきますか。 LAメタルはそんなに大好き…

どんぱす今日の御膳121

121 Siam Shade「Dreamless World」(『SIAM SHADE Ⅱ』1995) 何度も言ってますが私あまり積極的に邦楽を聴かないんですが――嫌っているわけでなくて、何を聴いたらいいかわかんないから――、ときどき人が教えてくれることがある。シャム・シェイドはもちろん…

どんぱす今日の御膳120

120 Barry Sparks「O Come All Ye Faithful」 ヘヴィメタル界隈での活躍も多く、「気が付くとこの人がプレイしてた」ケースも多い仕事人ベーシストBarry Sparks。Yngwie Malmsteen、Cosmosquad、Uli Jon Rothなどわが愛聴盤を挙げればきりがありませんが、最…

どんぱす今日の御膳119

119 Shampoo「Shampoo You」(『WE ARE SHAMPOO』1994) 私が中学の頃、彼女らの「Trouble」は無茶苦茶、無茶苦茶流行ってました。友達にも「シャンプー、いいよ?」という面々はいたのだが、流行りものは意地でも聴きたくない頑固爺(?)の吾輩、「そ、そ…

どんぱす今日の御膳118

118 The Searchers「Sweets for My Sweet」(『MEET THE SEARCHERS』1963) リヴァプール出身のビート・バンド。このファーストアルバム(だよね)だけでも、「Love Portion No.9」、「Money(That’s What I Want)」、「Twist And Shout」ほかの好演が入っ…

どんぱす今日の御膳117

117 Mike Lepond's Silent Assassins「Master Of The Hall」 プログレッシヴ・メタル界の小さな巨人Symphony Xの現ベーシストMike Lepond。そのプロジェクト/バンドSilent Assassinsのセカンドアルバム『PAWN AND PROPHECY』(2018)の冒頭がこちら「Master …

このドラミングがすごい“mini”(9)

(9)Uwe Heepn 【曲】Helicon「Helicon Part.2」(『HELICON』1993) 誰もドラマーと思っていなさそうなので、私がひっそりと。ジャーマン・メタルのあだ花的な扱いをされた悲運のバンドHeliconのリーダーUwe Heepenは、ソングライター&ヴォーカリストとい…

どんぱす今日の御膳116

116 The Salinger「クラクション・ハニー」(『クラクション・ハニー』2000) 学生の頃夜中にケーブルテレビを見ていたら――このパターン無茶苦茶多いね、テレビっ子かよ――、表題曲のPVが流れたんです。サリンジャーっていうグループは全然知りませんでした。…

どんぱす今日の御膳115

115 Rory Storm & The Hurricanes「Honey Don’t」(『LIVE AT THE JIVE HIVE』2012) Ringo Starrが好きかい?俺は好きだね。ジャケットに「お、リンゴが映ってる、しかも何故かギター持ってるぞ!」という反応をした挙句銭をつぎ込んで買ってしまうくらいに…

このドラミングがすごい“mini”(8)

(8)Gary Driscoll 【曲】Ritchie Blackmore’s Rainbow「Man On The Silver Mountain」(『RITHCIE BLACKMORE’S RAINBOW』1975) この人のこの曲におけるプレイは、私とRainbowの最初の出会いでしたのでひたすら思い入れがあるのですが……いかんせん後任がド…

どんぱす今日の御膳114

114 Roland Grapow「Separate Ways(Worlds Apart)」(『KALEIDOSCOPE』1999) 元Helloween(当時は在籍)のギタリストRoland Grapowのセカンド・ソロ・アルバム。Michael Vescera(Vo)・Barry Sparks(Ba)・Mike Terrana(Dr)・Ferdy Doernberg(Key)…

どんぱす今日の御膳113

113 Holy Mother「Holy Diver」(『CRIMINAL AFTERLIFE』1999) 楽曲はみなさまお馴染みDioの名曲。アメリカはニューヨークのパワーメタル・バンド……ってことは彼らと関係があるのだな?と思った貴方は鋭い。 はい正解、Riotと縁のあるメンバーが在籍してい…

このドラミングがすごい“mini”(7)

(7)Danny Kortchmar 【曲】Danny Kortchmar「Up Jumped The Devil」(『KOOTCH』1973) 本業“非ドラマー”シリーズ、ダニー・コーチマーさんです。James TaylorやCarol Kingとの仕事も名高い名ギタリスト・名プロデューサーですが、私が氏を知ったのはBilly…

どんぱす今日の御膳112

112 Pharaoh「Dark New Life」(『BE GONE』2008) 些かマイナーな作品かもしれない。アメリカのパワーメタル・バンドPharaohのサード・アルバム。一時期は、というか新宿にDisk Heavenがあった時代は、Destiny’s EndだのRivalだのといったのを掴んだことも…

どんぱす今日の御膳111

111 Personz「Midnight Teenage Shuffle」(『PERSONZ』1987) リアルタイムではPersonzは知りませんでした。毎度のことながら申し訳ない。関心持った理由はまた妙なもので……ケーブルテレビの番組で本田毅さん(Gt)という方が、お気に入りの(あるいは影響…

このドラミングがすごい“mini”(6)

(6)Sean Taylor 【曲】Blitzkrieg「Unholy Trinity」(『UNHOLY TRINITY』1995) NWOBHM勢力中最高のバンドの一つSatan。その名盤『COURT IN THE ACT』で叩いているドラマーがSean Taylorさんであります。SatanはBlind Furyと名を変えたり、元に戻したり、…

どんぱす今日の御膳110

110 Omen「Bounty Hunter」(『THE CURSE』1986) Annihilatorが好きなんですよね、私。最初はRoadrunner時代のベスト盤『THE BEST OF ANNIHILATOR』から入って初期作品をざっと聴いたものですが、そのとき最も気に入ったのがセカンド『NEVER, NEVERLAND』(…

どんぱす今日の御膳109

109 Nina Simone「Mississippi Goddam[Live]」(『THE REAL…NINA SIMONE(THE ULTIMATE NINA SIMONE COLLECTION)』2013) こちらは、映画評論家の町山智浩さんがラジオ番組で『What Happened, Miss Simone?』という映画の紹介をされたのを聞いて知りました…

このドラミングがすごい“mini”(5)

(5)Ray Hartmann 【曲】Annihilator「The Fun Palace」(『NEVER, NEVERLAND』1990) 考えてみたら「いいバンド」っていうのはたいがいドラマーがいいわけだから、この企画はあまりレギュレーションになっていない気がしてきました。が、始めた以上はもっ…

どんぱす今日の御膳108

108 Neal Schon「Deep Forest」(『BEYOND THE THUNDER』1995) Journeyのスーパーギタリスト、ニール・ショーンのソロアルバム。フュージョンタッチのインストゥルメンタルというところですかね。アコースティックも多用して、ジャーニー以上に繊細なところ…

どんぱす今日の御膳107

107 Wings「Medicine Jar」(『WINGS OVER AMERICA』1976) Paul McCartneyはいまだに現役で、凄いとしか言いようがありません。その基盤となっているのは、70年代のWingsの偉業――パートナーと若手を率いて、自作曲を自ら演奏して世界をまわった――でありまし…