DON'T PASS MUSIC BY

"It's money that rules the world......"<Gamma Ray>

ロックンロール青果店(7)

(7)The Amboy Dukes「Why Is A Carrot More Orange Than An Orange」(1968)

 「なんでニンジンはオレンジよりもオレンジなの?」

 Ted NugentとSteve Farmerが率いた(少なくとも初期はそういう認識でいいよね?)バンドThe Amboy Dukesにこんな曲がありましたわ。セカンドアルバム『JOURNEY TO THE CENTER OF THE MIND』(1968)に入ってる。

f:id:yes_outsiders:20200817194153p:plain

 同アルバムではテッドとスティーヴ共作のややハードなタイトル曲「Journey to the Center of the Mind」がヒットしたんですが、アルバム全体はサイケがかった作風なんですね。この「Why~?」もゆったりリズムの上で気怠いヴォーカルが乗っかるふわふわした曲。ヴォーカルが多重になるところやオルガンの音色が時代を感じさせます(いい意味で)。

 The Amboy Dukesでは前述「Journey~」のほかにも、ファーストアルバムでCreamの「I Feel Free」やBig Joe Williamsの「Baby Please Don’t Go」のカヴァーを披露していたりと、ハードロック好きを惹きつける要素が多々ありますが、一方でやはりサイケ/ガレージロックの(時代の)風雲児でもあったことがわかるのであります。