DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

時代の産物を追う?〔続〕(30)

 今回は「補遺」であります。2018年作品にはこちらがありました。

(9)Mike Vernon & The Mighty Combo『BEYOND THE BLUE HORIZON』(UK)

  1. We're Gonna Rock The Joint
  2. Kiddio
  3. Heart & Soul
  4. I Can Fix It
  5. (I Don't Know Why I Love) You But I Do
  6. Be On That Train
  7. Your Mind Is On Vacation
  8. Old Man Dreams
  9. Jump Up
  10. Red Letter Day
  11. A Love Affair With The Blues
  12. Hate To Leave (Hate To Say Goodbye)

<メンバー>

 Mike Vernon(Vo, Perc

 Kid Carlos(Gt, Cho)

 Ian Jennings(Ba, Cho)

 Mike Hellier(Dr, Cho)

 Matt Little(Key, Cho)

 Paul Tasker(Sax, Cho)

                                                  

 2020年近くにもなって、この古風な(1950年代的)味わい……さすがです。英国音楽界の大物プロデューサーMike Vernon氏が歌う側に回った作品。まずは「We're Gonna Rock The Joint」で軽やかに踊っときましょう。ブルージーな「Kiddio」から弾みのついた「Heart & Soul」へ進んだ後で、個人的にはハイライトとなる「I Can Fix It」が登場。ホーン入りのアップテンポ・ナンバーなんですが、ヴァーノン氏のダンディなヴォイスが良い。“♪Yeah, I can fix it……”ピアノやギターのソロもコンパクトに挟まれて満腹。とりあえずこの曲をお聴きよ。

 

 むかし買って聴いたHuey Lewis & The News『FOUR CHORDS & SEVERAL YEARS AGO』(1994)のような味わいですな、全体的に。次の「(I Don't Know Why I Love) You But I Do」も管楽器が良い鳴りをしてる上で歌がしっかり聞こえて“♪But I do……”素敵。ノリノリの「Be On That Train」からややジャジーな「Your Mind Is On Vacation」へ、さらにB.B.Kingが得意にしてそうなブルーズ「Old Man Dreams」へ……という流れも巧み。飽きさせません。

 

 ウォーキング・ベースが道案内する「Jump Up」、ドラム・ロールが印象的なダンス用ナンバー(?)「Red Letter Day」、ハーモニカ入りの乾いたブルーズ「A Love Affair With The Blues」とつないで、ラストはローリング・ピアノとホーンのブロウが炸裂する軽妙な「Hate To Leave (Hate To Say Goodbye)」で幕。“♪Hate to leave……”

 

 マイク・ヴァーノンさんのおじ(い)ちゃんヴォイスは味わい深いし、上述したように古風なアプローチに徹しながらもバラエティ豊かだしで、楽しめる作品。どういう人がこれを聴いて喜ぶのかわかりません……ので、私だけでも喜んどきましょう。

<本特集、完!>