DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

どんぱす今日の御膳046

046

Contraband「Good Rockin’ Tonight」(『CONTRABAND』1991)

 Michael Schenker(Gt)が、Tracii Guns(Gt)・Bobby Blotzer(Dr)などLAメタルの面々と組んだプロジェクトの作品。アルバム冒頭の「All the Way from Memphis」(Mott the Hoopleのカヴァー)の出来などなかなか良いのです。全体にカラッとした仕上がりなのはマイケル・シェンカーの諸作品中では異色ですが、そういうなかでシェンカー流ソロを決めまくるのはインタレスティング。

f:id:yes_outsiders:20200623103140p:plain


 「Good Rockin’ Tonight」はElvis Presleyが歌って有名になったかと思いますが、ContrabandのはMontroseヴァージョンのカヴァーといってよいでしょう。(Montroseについては当ブログ第14回「Montrose」(1))シェンカー’sソロは「らしさ」バリバリでおもしろい。ちなみに、マイケルは後年、Shrapnelレコードの仕掛けでSchenker-Pattison Summitという「ロック・クラシック・カヴァーアルバム」を二枚出してますが、そこでもMontrose「I Got the Fire」をやってます。そうそう、シェンカー・パティソン・サミットで組んだ相手Davey Pattisonはかつてロニー・モントローズと一緒にGammaをやってたシンガーでしたから……マイケル・シェンカーモントローズのことが好きだったに違いない、と断定しておこう。