DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

どんぱす今日の御膳059

059

Fates Warning「Prelude to Ruin」(『AWAKEN THE GUARDIAN』1986)

 プログレッシヴ・メタル創始者のひとりといってもよいだろうFates Warningのサード・アルバム。ところがこれも私は回り道でたどり着いたのであった。

(1)Riotが気に入る。

(2)メンバーがやってるというサイドプロジェクトSpastic Inkを聴く。

(3)Spastic Ink のギタリスト(Mr. Ron Jarzombek)がむかし加入してたというWatchtowerに手を出す。

(4)CD店で「ウォッチタワー好きにお薦め!」という煽りのついたアルバム=Spiral Architect『A SCEPTIC’S UNIVERSE(2000)を買い、聴く。

(5)『A SCEPTIC’S UNIVERSEにボーナストラックで収録されていた「Prelude to Ruin」がカッコ良くて気になる。

(6)原曲にあたるFates Warning版を探す。

f:id:yes_outsiders:20200817092311p:plain

 「何やってんだお前は?」という世界ですな。こうやってたどり着いた『AWAKEN THE GUARDIAN』は、なるほど(ドリーム・シアター以前の)プログレッシヴ・メタルが生まれる土壌を涵養した重要作品でありました。拍子や歌メロの捻じれっぷりが素敵な「The Sorceress」なんかも良かったですが、お目当ての「Prelude to Ruin」の大仰さ、プログレ趣味満開ながらメロディアスな曲がやっぱりグレイト。John Archは声が細めですが、よくこんな奇っ怪なラインを歌えるなあ……

 振り返るってえと、私をFates Warningに導いたそもそものきっかけはRiot(とSpastic Ink)だったわけだが、その元RiotのBobby Jarzombek(Dr)がいまやFates Warningの正式メンバーだというのは実に感慨深いですねえ。