DON'T PASS MUSIC BY

"Secrets are fun to a certain degree, but......"<Jake Holmes>

時代の産物を追う?〔続〕(1)

 以前にも特集枠でやりましたのが「時代の産物を追う?」。要するに、近年の旬な作品の印象をとどめておこうというシリーズであります。

 

 前にやった時は、「2017年」発表の作品群から始め、「2016年」「2015年」へと遡りました。今回は「2017年」作品の残りから「2018年」「2019年」へと進むようにいたしましょう。まずざっと挙げてしまうと……

 

<2017年作品>

(1)Dave Davies & Russ Davies『OPEN ROAD』(UK)

(2)Punisher〔判官楽隊〕『LOST IN THE MAZE OF NIGHMARE〔迷失在夢魘中的迷宮〕』(China)

(3)Quatro, Scott & Powell『QUATRO, SCOTT & POWELL』(USA/UK)

(4)Ronnie Montrose『10 × 10』(USA)

(5)Ten Years After『A STING IN THE TALE』(UK)

(6)田中公平GRAVITY DAZE 2 重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択 オリジナルサウンドトラック』(Japan)

※リイシューやコンピレーション、ライヴ盤はとりあえず除いてます。以下同じ。

 

<2018年作品>

(1)Ace of Cups『ACE OF CUPS』(USA)

(2)Archie Lee Hooker『CHILLING』(USA)

(3)Blitzkrieg『JUDGE NOT !』(UK)

(4)James Williamson and the Pink Hearts featuring Frank Meyer and Petra Haden『BEHIND THE SHADE』(USA)

(5)Jim McCarty『WALKING IN THE WILD LAND』(UK)

(6)Lino.『WONDERLAND』(Japan)

(7)Rat Scabies『P.H.D.(Prison, Hospital, Debt)』(UK)

(8)Richard Lloyd『THE COUNTDOWN』(USA)

(9)Skull Pit『SKULL PIT』(Japan)

(10)Soul Doubt『THE DANCE OF LIGHT & SHADE』(Italy)

(11)金属恵比須『武田家滅亡』(Japan)

 

<2019年作品>

(1)Bernie Shaw & Dale Collins『TOO MUCH INFORMATION』(UK)

(2)Flying Colors『THIRD DEGREE』(USA)

(3)Nick Beggs『WORDS FAIL ME』(UK)

(4)Robyn Hitchcock/Andy Partridge『PLANET ENGLAND』(UK)

(5)Suzi Quatro『NO CONTROL』(USA)

(6)Tanith『IN ANOTHER TIME』(UK/USA)

 

 Riotのアーカイヴ作品とかそんなのばっかりに手を出してて、新しい作品への注意がおろそかになっていた気がしたんですが、まあまあ数はありましたね。例によってまとまりはないですけど。特に(自分で)思うのは「メタル!メタル!!」言ってる野郎の分際で、メタル新作があんまりないことですね。ブリッツクリーグスカル・ピットくらいですか。あ、中国のパニッシャーもそうだ。スージー・クアトロ関連が二つあったり、70年代パンクの立役者による円熟作があったり(リチャード・ロイドラット・スキャビーズ)、若者作品ではないですなあ。……エース・オヴ・カップアーチー・リー・フッカーは逆に、シニアの気概を感じさせてくれますわね。

 ちなみに、上記の中で一番熱心に聴いたのはGRAVITY DAZE 2』サウンドトラックだったりします。

f:id:yes_outsiders:20200101132828j:plain

<続く>