DON'T PASS MUSIC BY

"Heart is the center of our everyday......"<Flagship>

どんぱす今日の御膳173

173

Stefano Bollani「Frame By Frame」(Various Artists『THE LETTERS:An Unconventional Italian Guide to King Crimson2004)

 

 King Crimson「Frame By Frame」は、80年代クリムゾンの代表曲の一つ。私はベスト盤『SLEEPLESS:The Concise King Crimsonで初めて聴きましたが、初出は『DISCIPLINE』(1981)。Robert Fripp(Gt)とAdrian Belew(Gt, Vo)によるメカニカルなリフと空間系エフェクテッド・ギター(?)の組み合わせが青少年の脳を刺激するプログレッシヴ・ナンバー。二人のギタリストによるリフがズレながら進みあるところで揃っていく仕掛けにはゾクゾクさせられました。歌メロは妙にキャッチーだしね。

 

 初めは強烈な破壊力の「21st century Schizoid Man」からキング・クリムゾンに入り、荘厳な「The Court of the Crimson King」にひれ伏しつつ、バンド史に(一度)終止符を打つことになった頃の「Starless」の虚無的美しさに打ちのめされてきた後追いファンーーそういう私からすると、80年代クリムゾンは“いきなり質感が変わった!?”という感じでなかなか楽しみ方がわからなかったのですが、ここ数年ようやく面白さと先進性を味わえるようになってきたのです。

 

 で、今回の作品ですよ。King Crimsonのトリビュートものってのはまあ探せば無くはないんですが、なぜかイタリアのバンドによるカヴァーを集めまくった3枚組CDってのがあるなんて知らなんだ。私イタリアのプログレ・シーンでよく知らないんで(ごく一部の大物を除いて)、参加者がどういう面々なのかもいまだによくわからず。

                 f:id:yes_outsiders:20210927232814p:plain


 記念すべき1枚目の1曲目、Stefano Bollaniさんってどなた……いま泥縄式に調べて判明、イタリア(ミラノ)生まれのジャズ・ピアニストの方だそうです。Universal Music Japanがアーティスト・サイトを設けているくらいですから、ジャズやクラシックの界隈では著名な方だったのか……大変失礼しました。

 

 同じキング・クリムゾンでも「Cat Food」じゃなくて「Frame By Frame」をやる、それも例のツイン・ギターをピアノに置き直して弾ききるというのが素晴らしいです。中盤にオリジナルなソロを奏でる場面も挟んでありますかね。いやあ、カヴァーするならコレぐらい大胆なのっていいですね。