DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

どんぱす今日の御膳164

164

Nicky Hopkins & His Whistling Piano「Mr. Pleasant」(Various Artists『KINKED !:Kinks Songs & Sessions 1964-1971』2016)

 

 キンクスの「Mr. Pleasant」(1967年のシングル)には、英国ロック界のスーパーSession Manニッキー・ホプキンズがピアノで参加しておりました。同曲でも転がりまくるピアノ・プレイは輝いておりましたが、まさかの「セルフ・カヴァー」が存在した。……って、よく調べたら、同年(1967)の内にShel Talmyの仕掛けでポリドールからシングルで出てたのか。60年代英国ロック界のナンデモアリ振りは凄え。

              f:id:yes_outsiders:20210808100330p:plain


 Nicky Hopkins & His Whistling Pianoのヴァージョンは、インストゥルメンタルになっておりまして、それだけピアノの妙技が味わいやすくなりました。ニューオーリンズのピアノR&B風味か。Nickyのセンスも素晴らしいが、原作者Ray Davies(当時23歳!)の曲作り力はやはり神懸っていましたなあ。