DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

中国メタル名曲紹介(15)暗月冥楽隊

 2010年代の作品はどうでしょう。まずは……これにしてみるか。暗月冥楽隊(Moonless Acheron)、特集の第十五弾です。

  【検索にそのまま使える簡体字表記は文末に】

 

 私が持っている1stアルバムは2012年の作品ですが、どうやら結成は2002年らしい。彼らもまた準備期間の長いバンドのようですね。アルバムの音質は少し籠り気味ですが、力感あるスラッシュ・メタルは楽しめます。

 

1.暗月冥「行走」(1stアルバム『暗月冥』2012)

2.暗月冥「酒神的舞会」(1stアルバム『暗月冥』2012)

3.暗月冥「夜」(1stアルバム『暗月冥』2012)

<メンバー>

陳磊(Vo, Gt)

李将(Gt)

陳拯(Ba)

繆偉(Dr)

 

f:id:yes_outsiders:20210503023923p:plain

 1「行走」は、アルバムでも冒頭にある曲。ザクザクのギターリフを8分刻みのドラムが押し上げる。ヴォーカルは中音域を押し出すタイプですかね。3分半過ぎ辺りからギターソロで、後半少しスリリングになってるところ(バックのドラムはブラスト風で圧が上がる)はご愛敬、そこから楽曲のテンポを下げてエンディングまでもっていく、と。

 

 「酒神的舞会」(2)は、ドラムの頭打ちが引っ張るイントロパートがまず美味。歌が入ったメインパートは、エイト→ブラスト→4分……とドラムパターンも変幻自在。音質の問題で各パートが潰れ気味、クリアに聴こえないのはこうなると残念ですね。“♪是谁创造酒神的舞会?是谁开始空虚的舞步?”……歌はしっかり前に出ます。

 

 3「夜」は静かに始まる異色の曲。クリーン・ヴォーカルで歌われるバラード。“♪空的心,轻的身,是你我逃避不了的夜”というくだりの後、すこし激しいパートも挟まれますが。4分過ぎからは疾走パートになだれ込み、5分過ぎでギターソロ……この「長さ」「重さ」は、ブラックアルバム前後のメタリカっぽいのかもね。

 

 なかなか意欲的な作品で、磨けばさらに強力になりそうなところも。でもこのバンドも、これ以降音源は無いんですよね……

<続く>

 【簡体字表記】

暗月冥乐队

ALBUM《暗月冥》

SONG《行走》《酒神的舞会》《夜》