DON'T PASS MUSIC BY

"Why don't you all fade away......"<The Who>

中国メタル名曲紹介(14)Raging Mob

 中国のバンドも国際化してますから、メンバーに外国の人が加わることもある。そういう例を挙げましょう。第十四弾、Raging Mob(国際聯合敲撃軍団)

 

 ヴォーカリストとギタリストがそれぞれドイツ人とアメリカ人で、あとは中国人という編成。ヴォーカルのRobert Gonellaのことは、実はみんな知ってるでしょ?ドイツのスラッシャーAssassinの初期メンバーですよ。『INTERSTELLAR EXPERIENCE』で「♪Baka」って歌ってた御仁……というわけで、このバンドはなかなか強力なスラッシュ/パワーメタル。

 

1.Raging Mob「Promisebreaker」(1stアルバム『RAGING MOB』2008)

2.Raging Mob「Slave To A Lie」(1stアルバム『RAGING MOB』2008)

3.Raging Mob「Raging Mob」(1stアルバム『RAGING MOB』2008)

<メンバー>

Robert Gonnella(Vo)

David Hemmer(Gt)

王猛(Gt)

賈克(Ba)

Soldier〔趙永建〕(Dr)

f:id:yes_outsiders:20210501115511p:plain

 アルバムで不穏な空気を煽るイントロに続く「Promisebreaker」(1)は、強力なパワーメタル。ヴェテランRobertの歌は貫禄有りだし、リフの畳みかけ方も見事なもの。強いていえば、ドラムのキレがもっとあると突進力が倍増されるでしょうけど、演奏は充分メジャーなクオリティ。当然全編英詩なので、「中国メタル」らしさはほとんどありませんけど、それを言えば日本産メタルだって大抵はそうですからね。

 

 2「Slave To A Lie」も、ゴリ押すリフと暑苦しいヴォーカルがマッチしたナイス・メタル。途中でテンポを落として一旦ストップ……からの爆走!こういう乱暴なやり口、嫌いじゃないね。いろいろこねくり回す割にあっさりと、3分半で幕。

 

 アルバムにはボーナストラックでライヴが2曲入っているのですが、いずれもロバート叔叔の古巣Assassinの楽曲。2005年の『THE CLUB』に入っていた「Raging Mob」と「Bushwhackers」でした。バンド名に引っ張ってきた「Raging Mob」の方を聴くと、本編以上に性急なスラッシュが聴けました。(オリジナル・ヴァージョンを知らないので、どう変わっているかは知りませんが。)2007年のライヴってことですが、これを聴く限り、メンバーの演奏力はホンモノのようですね。

 

 このバンドも、アルバムは一枚しか出てません。いまもバンドはあるようですが、メンバーはみんな入れ替わっているようです。ロバート・ゴネラ氏は(おそらく)ドイツへ帰ってアサシンの続きを作ったり、Raging Robなんていう名前のバンドを作って活動したりしているようですが。

<続く>