DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

どんぱす今日の御膳155

155

Domine「Altar of the King」(『EMPEROR OF THE BLACK RUNES』2003)

 Riotの「Altar Of The King」は、1981年の『FIRE DOWN UNDER』に収録された、知る人ぞ知る名曲でございます。〔Riot特集:時系列全作品紹介(3)『FIRE DOWN UNDER』

 

 トリビュートアルバム『THUNDER AND STEEL DOWN UNDER』Evil UnitedRiot Vに在籍するDVSもメンバー)もカヴァーしましたが、もっと早くに「Altar Of The King」を取り上げてた連中がいた。それがこのイタリアのDomine

             f:id:yes_outsiders:20210503090954p:plain

 私はこの一曲(日本盤ボーナストラック)のために彼らのアルバムを買いましたが……カヴァー以外の本編もよろしかったので後悔は無し。「Battle Gods(Of The Universe)」とか、いい出来だと思います。イタリアン・正統派ヘヴィメタル。このごろこういうメロディック・パワーメタル聴いてなかったけど、いいすな。

 

 で、「Altar of the King」はあくまでボーナスなんですが、ちゃんと前半のアコースティック・パートから再現して、ヘヴィ・シャッフルにつなげてます。Guy Speranzaっぽくは歌いにくいようですが、それはまあ仕方ないよね。Riot VのTodd Michael Hallだってガイっぽくは歌ってないし。ギターソロも、Mark Realeのオリジナルのフィーリングに敬意を払っていて好印象。捻りがないともいえますが、こういう曲はこれで良いでしょう。