DON'T PASS MUSIC BY

ラーズ(メタリカ)が“RIOT Fire Down Under”のTシャツ着て御父上(92)と写真に納まってるのが超クール。

今日の御膳(一曲紹介)

どんぱす今日の御膳076

076 Hawaii「Beg for Mercy」(『THE NATIVES ARE RESTLESS』1985) いまや日本のお茶の間に定着したギタリストMarty Friedmanさんが、MegadethはおろかCacophonyよりも前にやっていたバンドHawaiiのセカンド・アルバム。武骨なパワーメタルに、マーティの東…

どんぱす今日の御膳075

075 Hard Gear「Prevision」(『INFINITIVAL ABILITY』2002) 札幌というところは、Saber Tigerをはじめ多くの国産メタルの産地でありますが、そのサーベル・タイガーともゆかりの深いバンドがこのHard Gearであります。元Saber Tiger(当時。いまはSaber Ti…

どんぱす今日の御膳074

074 Hank Williams「Honky Tonk Blues」(1952) Huey Lewis & The Newsの名作『SPORTS』(1983)の9曲目(ラスト)に入っていたのが「Honky Tonk Blues」のカヴァーだったんですが、これがノリノリのロックンロールだったんです。いつか原曲を聴いてみたい…

どんぱす今日の御膳073

073 Terry & The Lovemen「The Good Things」(『A TESTIMONIAL DINNER: The Songs of XTC』1995) XTCのトリビュート・アルバム。以前「The Ballad of Peter Pumpkinhead」をご紹介したCrash Test Dummiesが「All You Pretty Girls」をフォーキーにやってた…

どんぱす今日の御膳072

072 Grave Digger「2000 Lightyears from Home」(『THE BEST OF THE EIGHTIES』1993) 私は上記のコンピで聴きましたが、初出は『HEAVY METAL BREAKDOWN』(1984)。ジャーマンメタルはこういうB級バンドの層が厚かった。この人らは途中から少しずつあか抜…

どんぱす今日の御膳071

071 The National Raga Company of India「Transcendental Meditations on the Mystique of Spiritual Love」(『ALL THE BEST FROM INDIA』2001) ダイクマ・ワゴン・セール(で買ったやつ)第n弾!ホントに世話になったね。エルヴィス、リトル・リチャード…

どんぱす今日の御膳070

070 The Germs「No God」(『(MIA):THE COMPLETE ANTHOLOGY』1993) アメリカのパンク・バンド。ということくらいしか知りません。持ってるのは上のコンピ一枚きり。「No God」の初出は(たぶん)『LEXICON DEVIL』(1978)というEP。“♪See……there’s no G…

どんぱす今日の御膳069

069 Garth Brooks「Shameless」(『ROPIN' THE WIND』1991) 新世代カントリー・ミュージシャンGarth Brooksのサード・アルバムに、Billy Joel「Shameless」のカヴァーが入っているのです。というか、そっちが有名になっちゃったらしい。スティール・ギター…

どんぱす今日の御膳068

068 Galneryus「Destiny」(『RESURRECTION』2010) ガルネリウスに小野正利さんが加入するというニュース知ったときは驚き喜んだものでした。『STAND PROUD』というトリビュートものシリーズで小野さんの超絶歌唱(Scorpions「Blackout」・Judas Priest「Ex…

どんぱす今日の御膳067

067 The Great American Strings Band「Shenandoah」(『200 YEARS OF AMERICAN HERITAGE』1991) 以前Riot全作品紹介をやった時、『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』(1995)に「Shenandoah」というトラディショナル・ソングが入っていることに触れました…

どんぱす今日の御膳066

066 Wanda Jackson「Tongue Tied」(『THE FIRST LADY OF ROCKABILLY』2012) 『HEROES OF ROCK’N’ROLL』なるあやしいコンピ(ダイクマのワゴンセールで買った)に「Let’s Have A Party」というのが入っておりました。ノリノリのまさにロックンロール……なの…

どんぱす今日の御膳065

065 The Flying Padovani’s「Caravan」(『FONT L’ENFER!』1990) フランス出身のギタリスト、ヘンリ(アンリ?)・パドヴァーニのプロジェクト。サーフものインストですな。「Wipe Out」とか「Bamble Bee」とか、The SurfarisやThe Venturesがやったような…

どんぱす今日の御膳064

064 山瀬まみ「Yamaseの気持」(『親指姫』1989) 作詞泉麻人・作曲デーモン小暮(聖飢魔Ⅱ)、ギター横関敦・ベース諸田コウ(Doom)・ドラム梅沢康弘(Reactionほか)・キーボード三柴江戸蔵(筋肉少女帯ほか)……ってどんなジャパメタだよ! すげえ。横関ギ…

どんぱす今日の御膳063

063 The Flaming Sideburns「Evil Woman」(『BACK TO THE GRAVE』2006) こちらのグループも最近偶々中古品をお買い得でゲットして知りました。1995年からやってるというフィンランドのガレージパンクロック・バンドだって。アメリカのバンドだと思ってたわ…

どんぱす今日の御膳062

062 Firebird「Working Man」(『DELUXE』2001) まえにCarcassの話しましたけど(どんぱす今日の御膳040)、その創始人ギタリストBill Steerのバンド。初期はベースがCathedralのLeo Smeeでした(本作も)。カーカスとは違ったハード・ブルーズロック。 本…

どんぱす今日の御膳061

061 Fiona Apple「A Mistake」(『WHEN THE PAWN HITS THE CONFLICTS HE THINKS LIKE A KING WHAT HE KNOWS THROWS THE BLOWS WHEN HE GOES TO THE FIGHT AND HE’LL WIN THE WHOLE THING ‘FORE HE ENTERS THE RING THER’S NO BOSY TO BATTER WHEN YOUR MIND …

どんぱす今日の御膳060

060 Finntroll「Trollhammaren」(『NATTEN MED DE LEVANDE FINNTROLL』2014) 2008年アムステルダムでのライヴの記録。これしか持ってませんうえに、フォーク・メタルにも疎い私。Korpiklaaniを面白がって聴いてた時期はありますが…… で、なぜかこの曲だけ…

どんぱす今日の御膳059

059 Fates Warning「Prelude to Ruin」(『AWAKEN THE GUARDIAN』1986) プログレッシヴ・メタルの創始者のひとりといってもよいだろうFates Warningのサード・アルバム。ところがこれも私は回り道でたどり着いたのであった。 (1)Riotが気に入る。 (2)メ…

どんぱす今日の御膳058

058 Eyes of Shiva「Eyes of Soul」(『EYES OF SOUL』2004) 伊藤政則さんのRock City(テレビ番組)でPVを観たんじゃなかったかなア。Angra以来パワーメタルバンドも多く出るようになったブラジルから、期待の新星みたいな扱いだったと思います。それに乗…

どんぱす今日の御膳057

057 Exciter「Heavy Metal Maniac[Live]」(『BETTER LIVE THAN DEAD』1993) じゃあ、古風なヘヴィメタルもいっときましょうや。カナダの豪傑Exciterの「Heavy Metal Maniac」! ……すいません、実はリアルタイムじゃ知りませんでした。同じくカナダのAnnihi…

どんぱす今日の御膳056

056 Enter Shikari「Solidarity」(『COMMON DREADS』2009) 友達が教えてくれたシリーズ。レイヴ/トランスとヘヴィメタルを融合させたのだとか。レイヴってよくわからないんですが、ダンス・ミュージックってことでいいんでしょうか。「Solidarity」イント…

どんぱす今日の御膳055

055 Enforcer「Midnight Vice」(『DIAMONDS』2010) ありがたいことに色んな人が私の知らないアーティストを教えてくれますが……このEnforcerは、中国は北京で――もう十年以上前になりますな――北京っ子のメタルヘッドに教えてもらいました。「666 Rock Shop」…

どんぱす今日の御膳054

054 Electrocution 250「Fletcher the Mouse」(『ELECTRIC CARTOON MUSIC FROM HELL』2003) 私もWatchtowerやSpasitc Inkを聴いてだいぶ免疫が出来てたつもりだったのだが、こいつには驚いた。笑うしかなかったよ……。テープの速回ししてんのかとおもったも…

どんぱす今日の御膳053

053 Dweezil Zappa「Anytime At All」(『CONFESSIONS』1991) Frank Zappaの息子……っていう説明はもう不要でしょうか、ギタリストDweezil Zappa氏の作品。私は生演奏を観たことが無いのですが、十年近く前にバンドを一緒にやっていた友達(ギタリスト)が、…

どんぱす今日の御膳052

052 Jack-Knife「Dimples」(『I WISH YOU WOULD』1979) John Lee Hookerの往年のブルーズ名曲を、我らがプログレ伝道師John Wettonがどう歌っているのか?これがポイントですわな。……で、これが実に奇妙な仕上がり。 ブルーズのままではないですが、といっ…

どんぱす今日の御膳051

051 The Deviants「Billy The Monster」(『THE DEVIANTS #3』1969) ビートルズのお陰で変な曲(サイケとか)にも免疫が出来てきましたが、Mick Farren(Wayne Kramerとお友達になる……やべえ奴らだね)が率いたThe Deviantsはやっぱりヘンだね。これでも「…

どんぱす今日の御膳050

050 Death Penalty「Howling At The Throne Of Decadence」(『DEATH PENALTY』2014) 「ブリティッシュ・ロックの守護神」(『CARAVAN BEYOND REDEMPTION』日本語オビより)だったCathedralが『THE LAST SPIRE』を最後に解散してしまい、正統的ドゥームを聴…

どんぱす今日の御膳049

049 Dave Brubeck「Blue Rondo à la Turk」(『TIME OUT』1959) デイヴ・ブルーベック『TIME OUT』の1曲目。名曲「Take Five」が入ってるので名高いアルバムですね。この「Blue Rondo à la Turk」(トルコ風ブルー・ロンド)は、8分の9拍子(です……よね?)…

どんぱす今日の御膳048

048 Crash Test Dummies「The Ballad of Peter Pumpkinhead」(『THE BALLAD OF PETER PUMPKINHEAD』1994) Youtubeでしか観たことなかったこの曲のシングルを中古店で見つけた時は、嬉しかった……のか?いまだにクラッシュ・テスト・ダミーズというのがどう…

どんぱす今日の御膳047

047 The Count Bishops「Route 66」(『SPEEDBALL』1975) 70年代ガレージ・ロックの梟雄The Count BishopsのファーストEPから。私は完全後追いで、パンクかパブ・ロックのディスクガイドを見てから手を出しました。全部ひとの曲ばかりだからまあいいや、っ…