DON'T PASS MUSIC BY

"Louis XIV, finesse and force......."<Chroming Rose>

第44回「Linton Kwesi Johnson」(3)

 次に手に入れて聴けたのがこちら。


2Linton Kwesi JohnsonINDEPENDENT INTAVENSHANThe Island Anthology)』1998
DISC 1
1. Want Fi Goh Rave
2. It Noh Funny
3. Funny Dub
4. Sonny's Lettah [Anti-Sus Poem]
5. Iron Bar Dub
6. Independant Intavenshan
7. Fite Dem Back
8. Brain Smashing Dub
9. Reality Poem
10. Reality Dub
11. Forces of Vicktry
12. Victorious Dub
13. Time Come
14. Bass Culture
15. Cultural Dub
16. Street 66
17. Reggae Fi Peach
18. Peach Dub
19. Di Black Petty Booshwah[12" Version]
20. Di Black Petty Booshwah [Dub]
 
イメージ 1

 

DISC 2
1. Inglan Is a Bitch
2. Bitch Dub
3. Loraine
4. Reggae Sounds
5. Shocking Dub
6. Two Sounds of Silence
7. Di Eagle an' Di Bear [12" Version]
8. Wat About Di Working Claas?
9. Di Great Insohreckshan
10. Insohreckshan Dub
11. Making History
12. Historic Dub
13. Reggae Fi Radni
14. Reggae Fi Dada
15. New Craas Massahkah
 
 アイランド・レーベル時代の作品をまとめたコンピレーション。FORCES OF VICTORY』・『BASS CULTURE』・『LKJ in DUB』・『MAKING HISTORY: INTAVENSHANの全曲を含むとのこと。私はBASS CULTUREしかオリジナルは持っていないので比較はできないのですが。
 
 曲順はオリジナル・アルバムの1曲目から順に……かと思いきや、「ダブ・ヴァージョン」(歌なし、インストゥルメンタル)がLKJ in DUBに収録されているものなどは、歌入りverに続けてダブverがくるように並べられていてちょっと面白い。「Reality Poem」(FORCES OF VICTORY収録)の次はLKJ in DUBの「Reality Dub」だったり、わが思い出の「Inglan Is A Bitch」の次はやはりLKJ in DUBの「Bitch Dub」だったりね。
 
 じゃあ、馴染みのある「Inglan Is A Bitch」と「Bitch Dub」を聴き比べてみましょうか。私まったく「ダブ」ってわかんなかったんですけど、単なるバッキングトラック(カラオケ)じゃないんですね、やっぱり。深いリバーブのかかったタイコとかが刺さって来るなあ。これだけ聴いてても心地よいというのはどういうことなの。前回、Old Grey Whistle Test出演時の無伴奏ヴァージョンが凄いっていう話をしましたが、ちょうどその反対ってわけですよね。「詩の朗読だけ」がよくて、「バッキング(ダブ・トラック)」もよくて、「両方揃った原曲」もよいなんていうのは、すごい話じゃないですか?
 
 「Loraine」にはダブ・ヴァージョンはないみたいですけど、例えば「Reggae fi Peach」のダブ「Peach Dub」は原曲より1分長い仕上がりで、器楽と音響が一層練られています。Dennis Bovellという方の手腕だそうですが、成る程お見事だ。「Di Black Petty Booshwah」のように、LKJ in DUBに入ってなかったダブVerも追加収録されていて、お腹いっぱいになれます。
<続く>