DON'T PASS MUSIC BY

"Louis XIV, finesse and force......."<Chroming Rose>

第40回「“HEAVEN & HELL”」(24)

 むかし新宿にあったDisk Heavenで出会った作品を語るシリーズ、その24でございます。

7Paul Chapman’s GHOSTPaul Chapman’s GHOST2002UK
 これは店頭で偶然出くわしたのでした。Paul Chapmanという名前は、英国ハードロックUFOのリードギタリスト(Michael Schenkerの後釜)として知っておりましたが、「Ghost」というのは知らなかった。UFO以前にやっていたLone Starはディスクガイドの類でみて知っていたのですが。


 いまちょいと調べたらPaulウェールズカーディフ出身だそうで、そうするとBudgieと同郷。それどころか、Paulはかの有名なDave Edmundsの従兄弟なんだそうで。全然知らんかった……。
 
イメージ 1

 

 GHOST2002年リリースですが、制作はもっと前でした。本作のブックレットにあるPaul自身の記述によれば、80年代末にはメンバーを集め、録音も始めていたそうです。シンガーを見つけていよいよ本格的レコーディングに進み、ディストリビューションの契約をと売り込んでいったのだが、「他のシンガーを試さないか?」とかなんとかもちかけられたり、レコード会社の選定に悩んだり(本人曰く「そして選択を誤った」り)して、結局このプロジェクトは日の目を見なかったと。なんか時々聞く切ない話ですな。
 
 十年以上経ってお蔵入りから発掘された本作、パーソネルはPaul ChapmanGt)・Ned MeloniBa)・Dale RussellDr)・Tony HarrisonVo)。ミドルテンポの「It’s Time To Rock」からスタート。Paulのギターの妙技は、UFO時代よりも味わいやすいかもしれない。ヴォーカルは少々線が細いですが、決してまずいことはありませんぞ。爽やかなメロディアス・ハード風「Masquerade」、パワー・バラード「Long Goodbye」などもね。
 
 タイトル曲「Ghost」はバスドラ中心にドラムパターンが躍動的で良いのですが、こういうあたりでは録音状況に起因する弱さ(あくまでもデモ・レベル)も感じられてしまう。もっといい音で聴きたいよう。はずむリズムの「Mystery?」なんか、いい曲なんだけどな。
 
 クレジットはないですが、10曲目の「Don’t Walk Away」は“新ヴォーカリスト”に考えられていたCarl Sentenceの歌唱と思われます。(作曲はSentence、となっているので。)アコースティック・ギター+歌なので、これもデモ的に録られたものでしょうか?
 
 最後の曲は、元のラインナップによるThe WhoBaba O’Reilly」のカヴァー。Mr.Bigも好きでよくやってたよね。(92年のLIVEにも、2009年のBACK TO BUDOKANにも入ってる。)Ghostヴァージョンも、きっちりフルでカヴァーしてますが、些か淡白なかんじ。捻りは特にありません。