DON'T PASS MUSIC BY

"嘘八百 is not a metaphorical expression in our country."

第40回「“HEAVEN & HELL”」(16)

9VARIOUSTHE RED HOT BURNING HELL Vol.22001JP
 もうちょいとだけ。Lights Out Records編集のコンピ。かなり息の長いシリーズで、若手をいろいろ世に紹介してきているのですが、私の持ってるVol.2は、メロディアスなグループを集めたやつで、Fairy Mirror陰陽座Neat 001ThundersteelSteel EmblemArgument SoulKaizerの楽曲を収録。


1.Glorious DayFairy Mirror
2.SkyFairy Mirror
3.百々目鬼(陰陽座
4.侵食輪廻(陰陽座
5.HeroNeat 001
6.Out Of SightNeat 001
7.LivingNeat 001
8.DynastyThundersteel
9.Ride The StormThundersteel
10.Hell’s GateSteel Emblem
11.Steel EmblemSteel Emblem
12.The Scum Of SocietyArgument Soul
13.Be Not CrushedArgument Soul
14.Burning BloodKaizer
 
15.ElegyKaizer
 
イメージ 1

 

 まず注目は陰陽座。「百々目鬼」「浸食輪廻」はいずれも当時他では未発表だったもの。前者は黒猫(Vo)がリードヴォーカルをとり、後者は瞬火Ba, Vo)がメインヴォーカルをとる。彼らの楽曲の中でも割とアグレッションが前面に出た二曲じゃなかったかなと。ちょうどメジャーデビュー直前に当たる時期のはずですね。メジャーからのシングル『月に叢雲花に風』、メジャーファースト『煌神羅刹』、レア曲集『封印廻濫』(「百々目鬼」「浸食輪廻」も収録。音質は異なるが演奏は同じではないかと……)のあたりまでは細かくフォローしてました。もちろん、インディ制作の『鬼哭転生』『百鬼繚乱』も持ってましたよ。私は『百鬼繚乱』がベストだと思ってた口で、「式を駆る者」とか「桜花ノ理」、「塗り壁」、「化外忍法帖」あたりはかなり好きです。この間言ったなんだっけ、CthoniCのケースと同じだけど、あんなに彼らが大出世するとは思っていなかった私。『百鬼繚乱』に入っていた「お客様の声」葉書に「とても良い作品だと思った。ドラムの音はもっとクリアに録れませんか」みたいなことを書いて送った記憶あり。何を偉そうにねえ……応援する気は満々だったんで勘弁して下さい。
 
 他のグループは、活動の長い人たちもそうでない人たちもいますが、ここに収められた曲にはそれぞれ熱を感じるね。Fairy Mirrorの「Glorious Day
Neat 001の「Hero」、Steel EmblemSteel Emblem」、KaizerElegy」あたりはよく聴いたもんでした。


 音質のこととか、演奏力のこととか、いろいろ言えばいえるんでしょうが、そういうのは野暮。前にも書きましたが、2001年というのは下火になってたジャパニーズ・メタル・シーンがようやく盛り返してきたころでして、ここに集った面々のような“真摯なメタル愛”に満ちた人々がメタルを護持してくれていなければどうだったか。

 2010年代における(ある種の)メタル盛況とは一見直接関係ないようですが、“ブームとは言えない時期”に頑張ってた人々への敬意は失ってはいけないと思います。少なくとも私はそういう忘恩の輩になりたくない。ときどきコレを聴き直すと、ちょっと大仰ですがそういう気分になるのであります。