DON'T PASS MUSIC BY

"Louis XIV, finesse and force......."<Chroming Rose>

時代の産物を追う?(7)

(13)聖飢魔Ⅱ荒涼たる新世界(Japan)

 まさか21世紀に「作:ダミアン浜田、演奏:聖飢魔Ⅱ」の曲が聴けるとは思わなかった。疾走する「荒涼たる新世界」はもろに“ダミアン節”で、現〔再集結した、という意味で〕構成員からはこういう曲は出てこないでしょうね。
イメージ 1
 ミドルな「Planet/The Hell」もそうですが、音に対しちょっと歌詞が多いのかも……デーモン閣下が曲中で息継ぎをしている音が聴こえる曲は珍しいと思います。
 
 アニメの主題歌ですが、そちらは実は観ておりませんでした。劇中でも掛かったようですね。
 
(19)聖飢魔Ⅱ『全席死刑:LIVE BLACK MASS東京』(Japan)
 まさか21世紀に「魔王凱旋」が聴けるとは思わなかった。「魔王凱旋」からの「地獄の皇太子」が聴けるとは思わなかった。「地獄の皇太子」からの「Rock in the Kingdom」が……(以下略)。さすがに「X・Q・JONAH」まではやっていませんが。
イメージ 2
 初期曲が現行(当時)構成員の演奏で聴ける、後追い信者擬きとしては感慨深いミサ教典。邪悪な「Breakdown Innocence」「恐怖のレストラン」再現があるかと思えば、屈指の爽快楽曲「Lunatic Party」もある。ジェイルがいるなら演じてくれますよね、の大曲「From Hell with Love」やら、初期のステージ専用盛り上げ曲(?)「G.G.G.」やらが繰り出されて行って、後は「蠟人形の館」「1999 Secret Object」「Fire After Fire」といったバンド史上に燦然と輝く名曲群がずらりと。

 やはりいい曲を書いてきた団体は強い。「蠟人形~」はダミアン浜田、「1999~」はルーク篁、「Fire~」はジェイル大橋とそれぞれ作曲者が異なりますが、これに加えエース清水デーモン小暮(当時の呼称)もかなりの作曲を行ってきましたし、数は少ないとはいえゼノン石川やライデン湯澤にもバンドの名刺たり得る曲がある。ロックファンとしてはこれまた頼り甲斐のある方々であります。