DON'T PASS MUSIC BY

"Louis XIV, finesse and force......."<Chroming Rose>

第25回「Whitesnake」(3)

<中期>1984-1989

 SAINTS & SINNERSをもって一旦解散となったWhitesnakeですが、David Coverdaleの創作意欲は衰えていなかったようで、メンバーを入れ替えて1983年にはレコーディングに入ります。Davidと相棒Micky MoodyJon Lordの残留組に加え、ギターにMel Galley、ベースにColin Hodgkinson、そしてドラムにCozy Powellを迎えて作られたのがSLIDE IT INでありました。


 Mel Galleyは、かつてGlenn Hughesも在籍した英国のTrapezeのギタリスト。ColinHodgkinsonは英国ブルース界のゴッド・ファーザーAlexis Kornerのバンドやジャズロック・グループBack Door(未聴)でプレイしていたベテラン・ベーシスト。そしてCozy Powellは言わずとしれた英国ロック界のスター・ドラマーで、これ以前にはJeff Beck GroupRainbowMichael Schenker Groupなどに居ました。

イメージ 2
 

(ついでに。Trapezeはファンキーなハード・ロックが楽しめるYOU ARE THE MUSIC…WE’RE JUST THE BAND1972)がお薦め。Alexis Kornerは数多く作品がありますが、ハード・ロック・ファンには60-70年代の音源を編集したBOOTLEG HIM!1972)が楽しめるのでは。もちろんColin Hodgkinson参加のトラックもありますし、CreamJack BruceFreeAndy Fraserがそれぞれベースで加わった音源、The Rolling StonesCharlie Wattsがドラムを叩いている音源、Led ZeppelinRobert Plantが歌っている音源――いずれも各バンドでデビューする前の“若き日の録音”と思しいですが――も聴けるのでございます。そして、Cozy Powellについては、Jeff Beck GroupではまずJEFF BECK GROUP1972)の「Definitely Maybe」。これは映像を探して観て下さい。フロントにカッコいいJeff  Beckが居て、キーボードのMax Middletonも存在感あるんですが、後ろにいるドラマーCozy様に何故か目が行ってしまいます。

イメージ 4

RainbowだとやはりRISING1976)のラスト二曲「Stargazer」「A Light In The Black」ですかね、どっちもイントロから彼のドラミングに圧倒されます。MSGは、HALF LIVE!ヴァージョンの「Armed And Ready」「Into The Arena」をどうぞ。オリジナル・アルバムではやはり名手Simon Phillipsが叩いていてそれも見事なのですが、このライヴではCozy Powellが完全なるハード・ロッキンVer.に変貌させています。この二曲は近年リイシューされたTHE MICHAEL SCHENKER GROUP1980)にボーナストラックとして入っていますので、一挙に2ヴァージョン聴くことも出来ます。)

イメージ 3

 


 またしても脇道にそれてしまいました。SLIDE IT INのお楽しみポイントは、新ドラマーCozyのプレイにあるかなあと思うもので。楽曲は従来のWhitesnake流のブルージーなロック路線なのですが、Dave DowleIan Paiceとはまた違って各拍のアタマのアタックが強いCozyドラミングの成果で「ハード」な印象が深まっているように感じます。十八番のミドル「Love Ain’t No Stranger」、ZEP風の(?)「Slow An’ Easy」、疾走感のあるキャッチーな「Guilty Of Love」、いずれでも成果は明らかかと。

イメージ 1
 

 ちなみにSLIDE IT INは、完成後に米国のレコード会社の要求でリミックスが施されることになり、アメリカ盤ではベースとギターの一部がNeil MurrayBa)とJohn SykesGt)のプレイに差し替えられているといいます。<続く>