DON'T PASS MUSIC BY

"Why don't you all fade away......"<The Who>

どんぱす今日の御膳149

149

The Pack「Got This Thing On The Move」(Grand Funk Railroad『THIRTY YEARS OF FUNK 1969-1999』1999)

 

 Grand Funk Railroad初期の名作『GRAND FUNK』(1970)の、どアタマに入っている「Got This Thing On The Move」は無茶苦茶カッコ良かった。太く歪んだメル・サッチャーのベース、それとユニゾンでリフまたリフを決めるマーク・ファーナーのギター、そしてドン・ブリュワーのライヴ感満載の突撃ドラム。トリオでバンドやるならこういう音が出したいもんだ。

 

 ところで、ライナーノーツやディスクガイドを読むと、この曲はGFRの前身バンドThe Packの曲であった、とある。再録というのも決して珍しいことではなかろうが、と思いつつ、原ヴァージョンが気になる私。一時期はTerry Knight & The Packの音源も探すが、行き当たらず。

 

 そうこうするうちに、GFRのボックスセットにボーナス的に入ってるという情報を得まして、苦難の末に音源に接してみれば、「The Packの未発表音源である」ときた。じゃあ、通常リリース品探してもダメだよなあ……

f:id:yes_outsiders:20210501132517p:plain


 このThe PackGFRに移行するほんの少し前の時期ですが、メンバーはMark Farner(Gt, Vo)+Don Brewer(Dr)+Craig Frost(Key)+Rod Lester(Ba)。前2人はそのままGFRへ、クレイグも後に参加ということで、ロッド以外はGFRといっても過言ではない。

 

 こちらの「Got This Thing On The Move」は、ドンの短いドラム・ソロから始まること、ベースがGFR版に比べると引っ込んでいること、その分オルガンが全面展開していることなどが特徴。オルガンが活躍してるので、Vanilla Fudgeっぽいというか初期Deep Purpleっぽいというか、そういうアートロック味になりまして、後の“暴走特急ハードロック感”は少ない。マーク・ファーナーは歌がうまいんだなあとは再認識できますけど。