DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

どんぱす今日の御膳122

122

Skid Row「Eileen」(『SUBHUMAN RACE』1995)

 前回(?)ご紹介したSiam Shadeのヴォーカル栄喜さんはセバスチャン・バックが好きだった……というエピソードがウィキペディアに出ていましたが、じゃあ、Skid Rowをいきますか。

 

 LAメタルはそんなに大好きってわけでもないんですが、スキッド・ロウも少しは知ってました。ただ熱心でなくて、初期の有名曲をちょこちょこ、くらいだったんすね。それがあるとき、「私の大学の友人の高校時代からの友人が、勤務してるさきの方々と始めたバンド」(これでわかります?)に混ぜてもらった時に、課題曲の一つになったのが「Eileen」だったのです。

 

 そのバンドではドラムをやったりヴォーカルをやったりしましたが、確かこの曲はベースを弾いたんだったはず。(スタジオ練習しただけですからなんとかなったのね。)いわゆるLAメタルに私が抱いてたイメージと違って、かなりダークな曲で驚いたおぼえがあります。這いずる様なベースを弾くのは素人の私にはチャレンジでしたが、スタジオ練習は楽しかったなあ。

f:id:yes_outsiders:20210303233920p:plain


 このアルバムけっこうメタルメタルしてていいですね(今更)。「Subhuman Race」とか「Iron Will」とかも。