DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

どんぱす今日の御膳098

098

Laura Nyro「Eli’s Comin’」(『CLASSICS』1991)

 初めてこの曲を聴いたのはThree Dog Nightのベスト盤でしたな。けっこうホットでファンキーなヴァージョンだったのですが、歌詞がどことなく不気味でね。「イーライ」って何なの?やって来るの?……ホラー的な何かかと思ってました。(いまも疑問は氷解したわけではないが。)

 

 で、クレジットを見るとオリジナルはLaura Nyroという人の手になるとあるじゃないですか。いつか機会があったら聴いてみたいと思っていて、ようやく近年その機会が来た。ベスト盤でですがね。(オリジナルは『ELI AND THE THIRTEENTH CONFESSION』1969)何やら重々しく始まったかと思うと、途中から疾走を始め、ホーンとも相まってやはり熱いナンバーになる。Three Dog Nightは別に大変更したわけじゃなかったんだね。

                                           f:id:yes_outsiders:20201207121955p:plain


 1989年のニューポート・フォーク・フェスティヴァルに出演したローラ・ニーロのライヴ演奏ってのもの手元にありましたが、そっちでも、間にメンバー紹介を挟みながらパワフルに歌われてました。

 

 あとは、Affinityによるカヴァーがありましたね。Linda Hoyle(Vo)やMo Foster(Ba)を擁した英国プログレ・バンドのシングル曲。今はファースト『AFFINITY』(1970)のボーナストラックとして聴けたりします。ストリングスが大々的に入る大仰なヴァージョン。