DON'T PASS MUSIC BY

"There is no wrong or right, and nobody's talking to anyone......"<Love Sculpture>

どんぱす今日の御膳045

045

Cliff Richard「Dynamite」(1959)

 最初に聴いたのはHEROES OF ROCK ‘N ROLL』っていう50年代ロックンロールのコンピレーション(ダイクマっていう店のワゴンセールで買った)に入ってたから。4曲目「Be Bop A LulaGene Vincent)」・5曲目「Dynamite(Cliff Richard)」・6曲目「Tutti Frutti(Little Richard)」っていう流れ、イイでしょう?いいコンピでほんと世話になった。

 1分50秒くらいと短い「Dynamite」の疾走感と爆発感“♪3…2…1…0, here I go !”はほんとに最高。(『ROCKIN' THE 50's』という編集盤で久々に聴きましたな。↓)

              f:id:yes_outsiders:20200623102632p:plain


 クリフ・リチャードさんが50年代から現在に至るまでずっと現役だってこともすごいですわね。

 あとプログレおたくとしては、一時期(80年代?)クリフのバックバンドにJohn Clarkが居たっていうことが衝撃であったんですが。元YesKing CrimsonU.K.EarthworksのスーパードラマーBill BrufordのバンドBruford。そこにAllan Holdsworthの後任として加入してプログレッシヴ妙技を披露していたThe ‘Unknown’John Clarkが、古典的ポップスの帝王のバックについていたとは!

 ジョン・クラーク氏は要するに凄腕のセッション・ギターリストであったということで「証明終わり」なんですけど、ね。クリフとジョンを同時に楽しめる作品も探してんですけど、なかなか手に入らない……