DON'T PASS MUSIC BY

"Happy trails to you, till we meet again......"<Quicksilver Messenger Service>

第48回「Pat Boone」(4)

 Pat Boone御大の『IN A METAL MOOD』からわかること、続き。

 ドラム好きとしては「(3)グレッグ・ビソネットは名人」も重要ポイントです。「このドラミングが凄い」とかのブログ特集でやるべき人かもしれませんが、今回はついでにこの人の作品に触れときましょう。

 

<関連作品>

Gregg Bissonette『GREGG BISSONETTE』(1998)*[   ]内はゲストギタリスト

  1. Common Road [Steve Vai]
  2. Teenage Immigrant [Scott Henderson]
  3. Dr. Toulak [Ty Tabor]
  4. Frankenstein [Doug Bossi, George Bernhardt]
  5. Wildwood [Andy Summers]
  6. Vulgar Boatman [Paul Gilbert]
  7. Tribute To Tony [Mike Miller]
  8. You Kill Me [Scott Henderson]
  9. Frybrain [Steve Lukather]
  10. 1920 Shady Dr. [Michael Thompson]
  11. No Matter What [Doug Bossi, George Bernhardt]

<メンバー>

Gregg Bissonette(Dr)

Matt Bissonette(Ba)

 他

                                    f:id:yes_outsiders:20191012180509j:plain



 グレッグ&マットのビソネット兄弟を中心とした、グレッグのソロ・アルバム。インストゥルメンタル

 

1曲目が、David Lee Rothバンドでの同僚だったSteve Vaiをゲストに迎えた「Common Road」。Joe Satrianiがやりそうな爽やかなインストにSteveのギターが炸裂。終盤の乱打的ドラムソロも痛快。

 

 「Teenage Immigrant」は、(たぶん狙って)Led Zeppelinの「Immigrant Song」みたいなリフ・リズムパターンが登場。ジャズっぽいセクションとの交錯で楽曲は進行、Scott Hendersonのソロもフィーチュア。

 

 Ty Taborをゲストにした「Dr. Toulak」は、冒頭部分からのフレーズがThe Beatlesの「Glass Onion」の終盤部分を想起させる。Greggって、ビートルズ大好きらしいから、これもおそらく狙ってるのでしょう。なかなかメロディアス。

 

 「Frankenstein」は、Edgar Winterのカヴァー。オリジナルもドラム及びパーカッションに光のあたる楽曲だったけど、グレッグがホントに楽しそう。中間のドラムソロパートでは、Aerosmith「Walk This Way」、The Rolling Stones「Honky Tonk Women」、The Beatles「The End」、Grand Funk「We’re An American Band」、The BeatlesTomorrow Never Knows」、Van Halen「Hot For Teacher」、Led Zeppelin「Rock And Roll」、The Ventures「Wipe Out」、?、?、The Beatles「Come Together」を数フレーズごとカヴァー。

 

 要は、Chris Spedding「Guitar Jamboree」のドラム版ですな!(上のリストで「?」ってなってるのは、私の聴き取りじゃわかんなかったから。「ドラムだけ」の曲当てって難しくない?誰か知ってたら教えて下さい。3分00秒あたりのやつと、3分05秒あたりのやつと。)

<続く>