DON'T PASS MUSIC BY

"Louis XIV, finesse and force......."<Chroming Rose>

音楽随筆

Riot特集:時系列全作品紹介(14)『IMMORTAL SOUL』

⑭Riot『IMMORTAL SOUL』2011 Riot Still Your Man Crawling Wings Are for Angels Fall before Me Sins of the Father Majestica Immortal Soul Insanity Whiskey Man Believe Echoes Fight or Fall(Live)[bonus] <メンバー> Mark Reale(Gt) Mike Flyntz(G…

Riot特集:時系列全作品紹介(13)『ARMY OF ONE』

⑬Riot『ARMY OF ONE』2006 Army of One Knockin’ at My Door Blinded One More Alibi It All Falls Down Helpin’ Hand The Mystic Still Alive Alive in the City Shine Stained Mirror Darker Side of Light Road Racin’(live)[bonus] <メンバー> Mark Re…

Riot特集:時系列全作品紹介(12)『THROUGH THE STORM』

⑫Riot『THROUGH THE STORM』2002 Turn the Tables Lost inside this World Chains(Revolving) Through the Storm Let It Show Burn the Sun To My Head Essential Enemies Somebody Only You Can Rock Me Isle of Shadows Here Comes the Sun <メンバー> M…

Riot特集:時系列全作品紹介(11)『SONS OF SOCIETY』

⑪Riot『SONS OF SOCIETY』1999 Snake Charmer On the Wings of Life Sons of Society Twist of Fate Bad Machine Cover Me Dragonfire The Law Time to Bleed Queen Somewhere Promises <メンバー> Mark Reale(Gt) Mike Flyntz(Gt) Pete Perez(Ba) Mike Di…

Riot特集:時系列全作品紹介(10)『INISHMORE』

⑩Riot『INISHMORE』1997 Black Water Angel Eyes Liberty Kings Are Falling The Man Watching the Signs Should I Run Cry for the Dying Gypsy Irish Trilogy Inishmore(Forsaken Heart) Inishmore Danny Boy <メンバー> Mark Reale(Gt) Mike Flyntz(Gt)…

Riot特集:時系列全作品紹介(9)『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』

⑨Riot『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』1995 The Last of the Mohicans(intro)* Glory Calling Rolling Thunder Rain* Wounded Heart The Brethren of the Long House Out in the Fields Santa Maria Blood of the English Ghost Dance Shenandoah Holy La…

Riot特集:時系列全作品紹介(8)『NIGHTBREAKER』

⑧Riot『NIGHTBREAKER』1993 Soldier Destiny Burn In Your Eyes Nightbreaker Medicine Man Silent Scream Magic Maker A Whiter Shade of Pale Babylon Outlaw Black Mountain Woman [bonus] <メンバー> Mark Reale(Gt) Bobby Jarzombek(Dr) Mike Flyntz(…

Riot特集:時系列全作品紹介(7)『THE PRIVILEGE OF POWER』

⑦Riot『THE PRIVILEGE OF POWER』1990 On Your Knees Metal Soldiers Runaway Killer Dance of Death Storming the Gates of Hell Maryanne Little Miss Death Black Leather and Glittering Steel Racing with the Devil on A Spanish Highway [Revisited] …

Riot特集:時系列全作品紹介(6)『THUNDERSTEEL』

⑥Riot『THUNDERSTEEL』1988 Thundersteel Fight or Fall* Sign of the Crimson Storm* Flight of the Warrior On Wings of Eagles* Johnny’s Back Bloodstreets* Run for Your Life Buried Alive(Tell Tale Heart) <メンバー> Mark Reale(Gt) Don Van Stav…

Riot特集:時系列全作品紹介(5)『BORN IN AMERICA』

⑤Riot『BORN IN AMERICA』1983 Born in America You Burn in Me Vigilante Killer Heavy Metal Machine Devil Woman Wings of Fire Running from the Law Where Soldiers Rule Gunfighter Promised Land <メンバー> Mark Reale(Gt) Rick Ventura(Gt) Sandy…

第47回「Osibisa」(6)

『LOOK AT YOURSELF』は次の曲から後もおもしろい。 そこはかとなくThe Whoっぽいギターコード掻き鳴らしから始まり、繊細なコーラスワークに移って(全編ほぼダブルヴォーカル)、Gt+Orgのリフが乗っかるという、これまた十八番のパターン「I Wanna Be Free…

Riot特集:時系列全作品紹介(4)『RESTLESS BREED』

④Riot『RESTLESS BREED』1982 Hard Lovin' Man C.I.A. Restless Breed When I Was Young Loanshark Loved by You Over to You Showdown Dream Away Violent Crimes <メンバー> Mark Reale(Gt) Rick Ventura(Gt) Sandy Slavin(Dr) Kip Leming(Ba) Rhett For…

第47回「Osibisa」(5)

やっと『LOOK AT YOURSELF』本体に入れますね。 Uriah Heep『LOOK AT YOURSELF』(1971) Look At Yourself * I Wanna Be Free July Morning ** Tears In My Eyes Shadows Of Grief What Should Be Done Love Machine <メンバー> Ken Hensley(Key, Gt Vo…

Riot特集:時系列全作品紹介(3)『FIRE DOWN UNDER』

③Riot『FIRE DOWN UNDER』1981 Swords & Tequila Fire Down Under Feel the Same Outlaw Don’t Bring Me Down Don’t Hold Back Altar of the King No Lies Run for Your Life Flashbacks <メンバー> Mark Reale(Gt) Guy Speranza(Vo) Rick Ventura(Gt) San…

第47回「Osibisa」(4)

お得意の(?)関連作品枠で一つ。私とOsibisaとの出会いとなったUriah Heep『LOOK AT YOURSELF』であります。彼らのサード・アルバム。 最近買いました本にROLLYさん著『ROLLYのロック・ギター異人館』(シンコーミュージック、2019年)てのがありまして、…

Riot特集:時系列全作品紹介(2)『NARITA』

②Riot『NARITA』1979 Waiting for the Taking 49er Kick Down the Wall Born To Be Wild Narita Here We Come Again Do It Up Hot for Love White Rock Road Racin’ <メンバー> Mark Reale(Gt) Guy Speranza(Vo) Peter Bitelli(Dr) Jimmy Iommi(Ba) Rick V…

第47回「Osibisa」(3)

Osibisaのアルバム『OSIBIROCK』について、前回までで鑑賞したところでした。 通して聴いてみるというと、「Look At Yourself」で感じられた“パーカッション乱打!”の“プリミティヴな躍動!”は、実は彼らの一側面でしかなかったことがわかるのでありました。…

Riot特集:時系列全作品紹介(1)『ROCK CITY』

またしても温故知新シリーズ(むかし書いたのを載せてます)を一時中断しまして、最近書いたものを掲載させていただきます。今回は、わが最愛のバンドRiotの作品について、時系列で全作品紹介をしてみようという、チャレンジングな企画でございます。 初回は…

第47回「Osibisa」(2)

オシビサ(Osibisa)の作品についての続きです。 Osibisa『OSIBIROCK』(1974) Who’s Got The Paper Why Osibirock Kelele Atinga Bells African Jive We Belong Komfo (High Priest) Kangaroo Home Affairs <メンバー> Teddy Osei(Sax, Flute, Perc) S…

温故知新旧稿再録(17)「お薦め押し付けノート」(4)

VOL.1 HR/HM編(続続続) (13)Manowar「Metal Daze」(『Battle Hymns』1982)USA 80年代前半は英米メタル全盛期といえるでしょうが、当時米国で受けていたのは「L.A.メタル」とやや遅れて「スラッシュ・メタル」でした。前者はMTV時代に対応したヴィジュ…

第47回「Osibisa」(1)

「O」で始まるグループに、こんなのがあったなあ…… 後でそちらに話が移っていきますが、最初にこの人らの名前を目にしたのはUriah Heepの「Look At Yourself」という曲。英国ハードロックに(私が)のめり込みだした頃に愛聴したユーライア・ヒープ、その代…

温故知新旧稿再録(16)「お薦め押し付けノート」(3)

VOL.1 HR/HM編(続続) (09)Heart「Barracuda」(『Little Queen』1977)USA HRの世界にも女性Voや女性バンドはいるのですが、メジャーに打って出て生き残れた人たちはあまり多くありませんでした。で、例外がこのHeart。Ann(Vo)&Nancy(Gt)のWilson姉…

第46回「Narita」(5)

Narita関連アーティストについては――質・量ともに意外に豊富なので――別の機会に。Narita名義で発表された曲は上記ですべてですが、一つだけ例外がありました。ファーストアルバムを出したSharkというレーベルのサンプラーCD。 Various Artists『NOTHING IS ……

温故知新旧稿再録(15)「お薦め押し付けノート」(2)

VOL.1 HR/HM編(続) (05)Uriah Heep「Easy Livin'」(『Demons and Wizards』1972)UK ブリティッシュHRというと、Deep PurpleとかLed Zeppelinが代表選手でしょうが、このグループを省いて欲しくないものです。今でも活動していますが、特にクリエイティ…

第46回「Narita」(4)

NaritaはHenrik・Mac・Kennyのメンバーで来日したことがあるそうで(1994年5月)、和田誠氏の番組でアコースティック・ライヴも行ったそうです。観てみたかった。 Narita『LIFE』(1996) I’m So Blind Second Chance Life Borrowed Time White Man’s Law Wh…

温故知新旧稿再録(14)「お薦め押し付けノート」(1)

2010年6月作の「こんなもの」も出てきました。たしか、外国留学で知り合った友人(日本のひと)たちにあてて、お好みテープみたいなのを作ったうえで添えて渡したやつだったと思います。以前に載せた「旧稿」と重なる内容もありますが、そこはご容赦ください…

第46回「Narita」(3)

Brian Richは、Jackalという自分のバンドがあるのでそちらへ戻りました。彼らも『RISE』・『VAGUE VISIONS』・『A SAFE LOOK IN MIRRORS』というメロディックメタルの良作を残しています。(2009年にBrian Richのソロプロジェクトのような形で『Ⅳ』も出た。…

温故知新旧稿再録(13)「プログレッシヴ・ロック特集」(8)

前回から続いて、「その他いろいろ」。 これを書いてから数年後に、XTCがCaptain Beefheartの「Ella Guru」をカヴァーしてたっていう音源を聴いて、驚きながらも納得したのを思い出します。Andy Partridgeはビーフハートとかフランク・ザッパとか好きだった…

第46回「Narita」(2)

なんでバンド名(Narita)買いしたかは、当ブログを継続的にご覧の方はお分かりかと思います。私がRiot信者だから。中古CDのフェア(ワゴンセールみたいなの)が学校の生協であったときに、『ナリタ』っていうアルバムがあって、「なんだこれ?」と思ったわ…

温故知新旧稿再録(12)「プログレッシヴ・ロック特集」(7)

むかし書いたプログレ紹介文、特集その四は「その他いろいろ」。当時(2006年3-5月執筆)聴きだして面白いと思ったものを好き勝手挙げてる感じですかね。 (以下旧稿) --------- PROGRESSIVE ROCK Vol.4 various approach 1.Tubular Bells Pt.1 *1973(Mike…