DON'T PASS MUSIC BY

"Secrets are fun to a certain degree, but......"<Jake Holmes>

特集記事

Riot特集:時系列全作品紹介(13)『ARMY OF ONE』

⑬Riot『ARMY OF ONE』2006 Army of One Knockin’ at My Door Blinded One More Alibi It All Falls Down Helpin’ Hand The Mystic Still Alive Alive in the City Shine Stained Mirror Darker Side of Light Road Racin’(live)[bonus] <メンバー> Mark Re…

Riot特集:時系列全作品紹介(12)『THROUGH THE STORM』

⑫Riot『THROUGH THE STORM』2002 Turn the Tables Lost inside this World Chains(Revolving) Through the Storm Let It Show Burn the Sun To My Head Essential Enemies Somebody Only You Can Rock Me Isle of Shadows Here Comes the Sun <メンバー> M…

Riot特集:時系列全作品紹介(11)『SONS OF SOCIETY』

⑪Riot『SONS OF SOCIETY』1999 Snake Charmer On the Wings of Life Sons of Society Twist of Fate Bad Machine Cover Me Dragonfire The Law Time to Bleed Queen Somewhere Promises <メンバー> Mark Reale(Gt) Mike Flyntz(Gt) Pete Perez(Ba) Mike Di…

Riot特集:時系列全作品紹介(10)『INISHMORE』

⑩Riot『INISHMORE』1997 Black Water Angel Eyes Liberty Kings Are Falling The Man Watching the Signs Should I Run Cry for the Dying Gypsy Irish Trilogy Inishmore(Forsaken Heart) Inishmore Danny Boy <メンバー> Mark Reale(Gt) Mike Flyntz(Gt)…

Riot特集:時系列全作品紹介(9)『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』

⑨Riot『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』1995 The Last of the Mohicans(intro)* Glory Calling Rolling Thunder Rain* Wounded Heart The Brethren of the Long House Out in the Fields Santa Maria Blood of the English Ghost Dance Shenandoah Holy La…

Riot特集:時系列全作品紹介(8)『NIGHTBREAKER』

⑧Riot『NIGHTBREAKER』1993 Soldier Destiny Burn In Your Eyes Nightbreaker Medicine Man Silent Scream Magic Maker A Whiter Shade of Pale Babylon Outlaw Black Mountain Woman [bonus] <メンバー> Mark Reale(Gt) Bobby Jarzombek(Dr) Mike Flyntz(…

Riot特集:時系列全作品紹介(7)『THE PRIVILEGE OF POWER』

⑦Riot『THE PRIVILEGE OF POWER』1990 On Your Knees Metal Soldiers Runaway Killer Dance of Death Storming the Gates of Hell Maryanne Little Miss Death Black Leather and Glittering Steel Racing with the Devil on A Spanish Highway [Revisited] …

Riot特集:時系列全作品紹介(6)『THUNDERSTEEL』

⑥Riot『THUNDERSTEEL』1988 Thundersteel Fight or Fall* Sign of the Crimson Storm* Flight of the Warrior On Wings of Eagles* Johnny’s Back Bloodstreets* Run for Your Life Buried Alive(Tell Tale Heart) <メンバー> Mark Reale(Gt) Don Van Stav…

Riot特集:時系列全作品紹介(5)『BORN IN AMERICA』

⑤Riot『BORN IN AMERICA』1983 Born in America You Burn in Me Vigilante Killer Heavy Metal Machine Devil Woman Wings of Fire Running from the Law Where Soldiers Rule Gunfighter Promised Land <メンバー> Mark Reale(Gt) Rick Ventura(Gt) Sandy…

Riot特集:時系列全作品紹介(4)『RESTLESS BREED』

④Riot『RESTLESS BREED』1982 Hard Lovin' Man C.I.A. Restless Breed When I Was Young Loanshark Loved by You Over to You Showdown Dream Away Violent Crimes <メンバー> Mark Reale(Gt) Rick Ventura(Gt) Sandy Slavin(Dr) Kip Leming(Ba) Rhett For…

Riot特集:時系列全作品紹介(3)『FIRE DOWN UNDER』

③Riot『FIRE DOWN UNDER』1981 Swords & Tequila Fire Down Under Feel the Same Outlaw Don’t Bring Me Down Don’t Hold Back Altar of the King No Lies Run for Your Life Flashbacks <メンバー> Mark Reale(Gt) Guy Speranza(Vo) Rick Ventura(Gt) San…

Riot特集:時系列全作品紹介(2)『NARITA』

②Riot『NARITA』1979 Waiting for the Taking 49er Kick Down the Wall Born To Be Wild Narita Here We Come Again Do It Up Hot for Love White Rock Road Racin’ <メンバー> Mark Reale(Gt) Guy Speranza(Vo) Peter Bitelli(Dr) Jimmy Iommi(Ba) Rick V…

Riot特集:時系列全作品紹介(1)『ROCK CITY』

またしても温故知新シリーズ(むかし書いたのを載せてます)を一時中断しまして、最近書いたものを掲載させていただきます。今回は、わが最愛のバンドRiotの作品について、時系列で全作品紹介をしてみようという、チャレンジングな企画でございます。 初回は…

温故知新旧稿再録(17)「お薦め押し付けノート」(4)

VOL.1 HR/HM編(続続続) (13)Manowar「Metal Daze」(『Battle Hymns』1982)USA 80年代前半は英米メタル全盛期といえるでしょうが、当時米国で受けていたのは「L.A.メタル」とやや遅れて「スラッシュ・メタル」でした。前者はMTV時代に対応したヴィジュ…

温故知新旧稿再録(16)「お薦め押し付けノート」(3)

VOL.1 HR/HM編(続続) (09)Heart「Barracuda」(『Little Queen』1977)USA HRの世界にも女性Voや女性バンドはいるのですが、メジャーに打って出て生き残れた人たちはあまり多くありませんでした。で、例外がこのHeart。Ann(Vo)&Nancy(Gt)のWilson姉…

温故知新旧稿再録(15)「お薦め押し付けノート」(2)

VOL.1 HR/HM編(続) (05)Uriah Heep「Easy Livin'」(『Demons and Wizards』1972)UK ブリティッシュHRというと、Deep PurpleとかLed Zeppelinが代表選手でしょうが、このグループを省いて欲しくないものです。今でも活動していますが、特にクリエイティ…

温故知新旧稿再録(14)「お薦め押し付けノート」(1)

2010年6月作の「こんなもの」も出てきました。たしか、外国留学で知り合った友人(日本のひと)たちにあてて、お好みテープみたいなのを作ったうえで添えて渡したやつだったと思います。以前に載せた「旧稿」と重なる内容もありますが、そこはご容赦ください…

温故知新旧稿再録(13)「プログレッシヴ・ロック特集」(8)

前回から続いて、「その他いろいろ」。 これを書いてから数年後に、XTCがCaptain Beefheartの「Ella Guru」をカヴァーしてたっていう音源を聴いて、驚きながらも納得したのを思い出します。Andy Partridgeはビーフハートとかフランク・ザッパとか好きだった…

温故知新旧稿再録(12)「プログレッシヴ・ロック特集」(7)

むかし書いたプログレ紹介文、特集その四は「その他いろいろ」。当時(2006年3-5月執筆)聴きだして面白いと思ったものを好き勝手挙げてる感じですかね。 (以下旧稿) --------- PROGRESSIVE ROCK Vol.4 various approach 1.Tubular Bells Pt.1 *1973(Mike…

温故知新旧稿再録(11)「プログレッシヴ・ロック特集」(6)

日本のプログレ特集、後編。当時のわたくしの好み(偏愛)がわかりますな。何が何でも聖飢魔Ⅱに引き込むやり口は変わってないし…… あ、なお、文末の注釈も執筆当時(2006年)に付けていたものです。 ---------- PROGRESSIVE ROCK vol.3 in Japan 6. Go on!*1…

温故知新旧稿再録(10)「プログレッシヴ・ロック特集」(5)

まだまだ続くのでございます。次は「日本のプログレ」。ラインナップにはいろいろ異論も出そうですが、十数年前はこのあたりが大好物で聴きまくっていたので…… (以下旧稿) ------ PROGRESSIVE ROCK vol.3 in Japan 1. 二重人格*1981(美狂乱『美狂乱』) 2. …

温故知新旧稿再録(9)「プログレッシヴ・ロック特集」(4)

前回から続いております。「こんなのもあるね」プログレ集(2006.3-5作)。 ----- 10. Island*1969(Renaissance『RENAISSANCE』) 11. Fantasia*1976(Jon Lord『SARABANDE』) 12. Bouree*1969(Jethro Tull『STAND UP』) 13. Silver Machine*1972(Hawkwind『IN…

温故知新旧稿再録(8)「プログレッシヴ・ロック特集」(3)

土曜回顧談(NAPES話)は先週で完結いたしました。この間に、「Yahoo!ブログがサービスを終了」という話が進んで、「移転をどうしよう?」と些か困惑気味ですが、7月ごろには方針を固めたいと思っております。 今週からは、「Teenage Dream」シリーズより前…

「Teenage Dream――回想録――」(13)再結成ライヴへ向けて〔全編完〕

問題は新曲。記録によると、練習した回数も(当然ながら)もっとも多い。「Stormy Night」(「悪魔組曲作品666番変ニ短調第一楽章」*『BLACK LIST』収録の再録版に準拠したので、「変ニ短調」である)は、ドラムさえ変に走らなければいい感じに。ギターセク…

「Teenage Dream――回想録――」(12)一年後の再結成

高校最後の文化祭出演も無事終わって、目出度しめでたし。 ところが、それで歴史が終わったわけではなかった。高校卒業した一年後に、バンド連中が再開して同窓会ライヴ的なイヴェントが行われることになり、NAPESも出ることになったのでした。それぞれ進路…

「Teenage Dream――回想録――」(11)ラストライヴ@文化祭(後)

〔セットリスト再掲〕 1.Rocket Dive[hide with Spread Beaver/1998] 2.D.O.D.(Drink Or Die)[hide/1994] 3.楽園[The YellowMonkey/1996] 4.ever free[hide with Spread Beaver/1998] 5.Merry-Go Round[布袋寅泰/1991] 6.Poison[布袋寅泰/1995] 7.Jump[Van H…

「Teenage Dream――回想録――」(10)ラストライヴ@文化祭(前)

まあ、そうやっていろいろ頑張ったわけですが、今年もまずはオーディションがあるのでした。3年生だからといって特別扱いはないの。やっぱり緊張はしましたよ。2年生のバンドにも上手な連中がいっぱいいましたからね。何の曲をやったんだっけな……「Jump」を…

「Teenage Dream――回想録――」(9)最後の文化祭へ向けて

ある意味苦肉の策だったとはいえ、メンバー持ち回りでヴォーカルをやってなんとかワンステージ成立させたというのは大したもんだ。(身内褒め。)とはいえ、文化祭もこれでいくのかは、やはり考慮せざるを得ませんでした。細かい話し合いは忘れてしまいまし…

「Teenage Dream――回想録――」(8)6月ライヴ(後)

続きです。 1.Rocket Dive[hide with Spread Beaver/1998] 2.Basket Case[Green Day/1994] 3.Burnout[Green Day/1994] 4.楽園[The Yellow Monkey/1996] 5.Change Yourself![布袋寅泰/1997] 6.Poison[布袋寅泰/1995] 7.Merry-Go Round[布袋寅泰/1991] 8.D.O.D…

「Teenage Dream――回想録――」(7)6月ライヴ(前)

みんな歌は好きでそれなりに歌えそうではあったけど、楽器を弾きながらできるのか?……そして練習が始まった!――みたいなドラマティックな話じゃなくて、割と淡々と「しょうがないよねー、やろっか」と練習してった気がします。小説ほど奇ではない事実もある…